スポンサードリンク

 

 

 

 


アイルランド長期滞在

フライト変更のうっかり 


長期滞在していると、何かと生活に慣れてしまって、大事なことを忘れていたりするものです。それは、1回目の滞在、まだ語学学校に通っていた頃のこと。滞在も4か月を超え、当初のようにパブに入り浸ることもなくなり、学校帰りに誰かの家でご飯を作って食べるということが定着して、生活もすっかり落ち着きました。名称未設定

 

その日もみんなで昼食を作って食べ、今日の出来事とかをだらだらしゃべってそろそろ帰ろうかーと、8時過ぎくらいに家に着きました。家までの帰り道、ぼんやりと「ああ、そういえば飛行機のチケット、フライト変更しないとなー」と思いだしまして。そもそも当初の予定では、語学学校に3か月通って、1~2か月くらいヨーロッパを周遊して帰国しようかなと考えていたので、帰国のためのチケットは、行きのチケットから5か月ほど先の日付で取っていました。

でも、予定を変更して語学学校を6か月まで延長していたのです。フライトの日程がたしか2週間後くらいだったから、そろそろ変更しないと、なわけで。どうやって変更するんだっけなー電話かなーでも電話より空港に直接言った方が簡単かなー電話はまだ苦手だし。1

 

と、そんなことを思いながら家にたどり着き、久々に帰国のフライトチケットを取り出しました。

 

…あれ?

 

フライトが、明日の朝10時、スイスの空港からになっとるやんけー!

 

マジ、固まりました。。

 

いや、スイスからのフライトってのはいいのです。スイスには10年以上会っていない友達がいて、ヨーロッパ周遊して、最終的にはその友達に会いに行くぞと決めていたので、スイスからのフライトを取ったのは覚えてます。でも、日付が…!どういうことだ、明日って!!とにかく、問い合わせ先の電話番号に電話してみよう。もう夜8時だけど、電話してつながるのかな…ドキドキ…

 

誰も出ねえ!

 

日本の問い合わせ番号にかけてみる?!って、フリーダイヤルしかないじゃん!海外からかからないじゃん!どうしよう…!!

 

 まさに、絶体絶命な状況(←おおげさ。。)に立たされた私。このあと、ふふふ…なんて、面白いかどうかは不明ですが、この話はちょっと長くなりそうなので、今日はこの辺で。その後の展開は、また次回書かせて頂きます。お楽しみに~(笑)。

 

 

 

スポンサードリンク