Los Angeles International Airport by hondahsv010gt

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


英語がわからなくてもロサンゼルスで生活できるのか?


かなり前の話になりますが、どこかで聞いた「ロサンゼルスは東京24区だからね~」という台詞が忘れられず、今に至ります。第24区といえば、つまるところLAが東京に近いという意味合いであったと思うのですが、この際なので少しだけ深く考えてみようと思います。結論から言いますと、これはあながち間違いではないと言えましょう。買い物に行く場所や行動の制限は掛かりますが、やろうと思えば日本語7割程で生活することができたりもします。

 

今回は、食事に関するアレコレを思い返してみようかと思います。周囲の日本人家族のお家でも同様、基本は日本食が多い印象でした。アメリカンな食生活とは程遠く・・・健康には良いのですが。炊飯器で米を炊き、味噌汁と、おかずと。日本食(和食に限らず)の材料のほとんどは日系のスーパーマーケットで揃ってしまいます。

例を挙げればMITSUWA、MARUKAI、Nijiyaなどの日系マーケットがLA付近や日本人の多いエリアを中心にチェーン展開しており、少なくともLA内なら車で30分程度の範囲に1店舗は日系スーパーがあるといって良いくらい。もちろん輸入の関係もあって、価格は2割~3割増し、モノによっては5割増しだったりもしますが、そこはやむなしと言いましょうか。名称未設定出典: http://www.mitsuwa.com/locations/torrance/?lang=ja

大きい店舗だとテナントで日系ベーカリーやドラッグストアも入っていて、中は日本とあまり変わりません。そのタイプの店舗だと代表的なのはMITSUWAさん。カリフォルニアでは7店舗、シカゴとニュージャージーにも1店舗ずつを構えており、客層は日本人駐在員から現地の方まで幅広いです。魅力はなんといってもその品揃えで、売り場面積の広さはもちろん、フェア(北海道フェア、スイーツフェア)に積極的だったり、店舗内に日系の書店や雑貨店、飲食店が揃っています。価格帯は少々お高めではありますが、一箇所で用が足りるため安定した人気があります。

2出典: http://www.mitsuwa.com/locations/torrance/?lang=ja

↑驚きのラインナップ。思いつくものは何でもある感じです。

 

ちなみにいずれの日系マーケットでも、レジスタッフの方によっては日本語対応不可の場合もありますが、レジでの会話は簡単なものでOKなので、英語に不安があってもなんとかなります。

 

食事事情に関しては上記の通りですが、その他に娯楽やサービスなどの観点においては、ロサンゼルスは東京24区説について考えてみた~情報編~にて紹介しておりますので、よろしければご覧ください!

 

 

 

スポンサードリンク