OLバックパッカーinエジプト〜交通ルール 信号や交差点はあってないようなもの?〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


エジプトでは

歩行者優先なんて概念はない!!!


エジプトでは交通ルールはあってないようなもの。歩行者優先という概念がないので、ものすごいスピードで飛ばします。歩行者にとっても横断歩道や信号はあってないようなもので、器用に車の間をすり抜けて渡っています。

 

旅行でエジプトに来た時は、道路を渡るのがすごく怖いという印象でした。今でも、現地の人の後ろをついて渡っています。

 

こちらで生活するようになって、自分が道路を渡る時以外の恐怖が増えました。

 

家族の車の助手席やバイクの後ろに乗ることが多くなったのですが、事故するんじゃないかと毎回ヒヤヒヤしています。車は、人が歩いていても御構い無しに猛スピードで突っ込むので、いつか人を轢くなと思っています。バイクはノーヘルでものすごいスピードを出すので、いつか死ぬなと思って乗っています。

 

チャイルドシートは普及していないですし、基本シートベルトもしないので、子供が無邪気に窓の外に顔を出したりしていると、ドキッとしてしまいます。

 

カイロの渋滞は深刻な都市問題となっていて、夕方などの帰宅ラッシュ時はブーブーというクラクションが鳴り響いています。みんなイライラしているので、運転手通しで口喧嘩をしている光景もしょっちゅう見かけます。車もエコカーには程遠く、排気ガスをバンバン撒き散らしているので、空気も最悪です。

 

 

エジプトではメトロが増える!?


この問題を解決するために、現在メトロの路線増加の工事をしているようです。

メトロは3路線あり、私が一番よく使う区間は最も古い路線で、車体も古くエアコンもないので車内はかなり蒸し暑いです。たまに運がいいとエアコンやアナウンスのあるタイプに乗れるのですが朝や夕方のラッシュの時はなぜか古いタイプのものばかり。幸い、エジプトにも女性専用車両があるので、私はもっぱらそちらに乗っています。1

 バスは、かなりいろんな路線があります。車両も新しいのからボロいの、エアコンなし・あり、ミニバスや乗合タクシーもあります。

 

普通の路線バスの場合は基本バス停はありますが、バス停が見当たらなくても人だかりができていればバス停のことが多いです。バスの扉は開けっ放しになっていて、動いていても乗り降りしている人もいます。2

車内には切符売りの人がいるのですが、先日、バスが渋滞に引っかかっている間に道の脇のパン屋さんにパンを買いに行っていました。自由だなぁと感心してしまいましたね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mei

Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。