スポンサードリンク

 

 

 

 


アイルランド人は日本人みたいに

すぐ謝る?


アイルランドに滞在していて、アイルランド人と日本人って似てるところがあるなーと思ったことがいくつかあります。今日は、そのことについて書いてみようかと思います。 

 

まず似ていると思ったのは、「sorry」をやたら使うこと。これは先日のブログでも書きましたが、「excuse me」の代わりに「sorry」を使うということも含め、ちょっとしたことで「sorry」を言います。道を歩いていて、脇をすり抜けて追い越したいときに「sorry」とか、相手が言っていることが聞き取れなかったときにも「sorry?」ってね。

 

顔見知りのアイルランド人から聞いたのですが「excuse meっていうより、sorryの方が簡単じゃん」と。確かに、「excuse me」より言いやすいし、それは一理あるかも。そのせいなのか、アイルランド人はちょっとしたことでも、「sorry」とさらっと普通に言います。日本人も、ちょっとしたことで「すみません」とか「ごめんなさい」って言いますしね。

 

あと、意外と似てると思ったのが、アイルランド人も本音と建て前というのがあるらしく、ハッキリ「No」と言わない、というところ。

これ、日本人は本当に言われることですけど、アイルランド人も同じらしいんです。あまり気乗りのしない誘いを受けても、はっきり「No」と言わず、「うーん、行きたいんだけどね、でも○○があるかもしれなくて…」などと、いろいろ言い訳をつけたりします(笑)。2

 そのため他のヨーロッパ人からよく聞いていたのは、

「Irish people are two-faced」

すなわち、アイルランド人は裏表があるからよくわからん、と。

アイルランド人の彼氏がいた日本人の友達ですら「ほんと、はっきりNoって言わないんだよねぇ!嫌なら嫌って言えばいいのにさ!」と、ケンカになった話を聞かされたこともありました(笑)。

 他には、アイルランド人も日本人も知らない人にも親切(と、信じたい。。)とか、アイルランドは日本と同様島国、とか(これは似てるってこととはちょっと違うか。。)。4

 

3

 

些細なことではありますが、意外とアイルランド人は日本人と気が合う人種なのかもしれません(笑)。

 

 

 

スポンサードリンク