アイルランド留学Vol.36〜アイルランド人と日本人の似ているところ〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


アイルランド人は日本人みたいに

すぐ謝る?


アイルランドに滞在していて、アイルランド人と日本人って似てるところがあるなーと思ったことがいくつかあります。今日は、そのことについて書いてみようかと思います。 

 

まず似ていると思ったのは、「sorry」をやたら使うこと。これは先日のブログでも書きましたが、「excuse me」の代わりに「sorry」を使うということも含め、ちょっとしたことで「sorry」を言います。道を歩いていて、脇をすり抜けて追い越したいときに「sorry」とか、相手が言っていることが聞き取れなかったときにも「sorry?」ってね。

 

顔見知りのアイルランド人から聞いたのですが「excuse meっていうより、sorryの方が簡単じゃん」と。確かに、「excuse me」より言いやすいし、それは一理あるかも。そのせいなのか、アイルランド人はちょっとしたことでも、「sorry」とさらっと普通に言います。日本人も、ちょっとしたことで「すみません」とか「ごめんなさい」って言いますしね。

 

あと、意外と似てると思ったのが、アイルランド人も本音と建て前というのがあるらしく、ハッキリ「No」と言わない、というところ。

これ、日本人は本当に言われることですけど、アイルランド人も同じらしいんです。あまり気乗りのしない誘いを受けても、はっきり「No」と言わず、「うーん、行きたいんだけどね、でも○○があるかもしれなくて…」などと、いろいろ言い訳をつけたりします(笑)。2

 そのため他のヨーロッパ人からよく聞いていたのは、

「Irish people are two-faced」

すなわち、アイルランド人は裏表があるからよくわからん、と。

アイルランド人の彼氏がいた日本人の友達ですら「ほんと、はっきりNoって言わないんだよねぇ!嫌なら嫌って言えばいいのにさ!」と、ケンカになった話を聞かされたこともありました(笑)。

 他には、アイルランド人も日本人も知らない人にも親切(と、信じたい。。)とか、アイルランドは日本と同様島国、とか(これは似てるってこととはちょっと違うか。。)。4

 

3

 

些細なことではありますが、意外とアイルランド人は日本人と気が合う人種なのかもしれません(笑)。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆