アイルランド留学Vol.32〜デザインマーケット、ダブリンで毎週土曜開催!〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


セミオーダーも可能な

アイルランドの

『デザインマーケット』って?


ダブリン市内で、フードマーケット以外に、同じく毎週土曜日に開催されているマーケットがあります。それは、デザインマーケット。テンプルバーの奥の方のエリアで開催されているのですが、そっちでは手作りアクセサリーや服、絵画類など、デザイナーたちが自分の作品を販売しているマーケットです。1

 ここで私が見つけたお気に入りのお店は、フェルトを素材としたハンドメイドの帽子を売っているお店。お店にはハット型やベレー型、キャスケット型など様々な帽子が並んでいるのですが、このお店、

 

セミオーダーも可能なのです!

 

最初はそんなこと知らず、店頭に並ぶ帽子を試着させてもらっていました。でも、どれもサイズが大きい。。うーん、と思いつつふとお店の人に

「どれもサイズが大きいなぁ…」と言ったら、

「セミオーダーもできるよ。ここにある帽子でどの形がいいか言って。色や羽根飾りも選べるから。」と!

そうして「これは頭の部分が高すぎる…」

「これは形が好きじゃない」

「こっちの方が似合ってますよね?」など、

お店の人といろいろ相談しつつ、形はこれで、色はこの紫、羽根飾りはこの中から選べるの?じゃあこの黄緑色ので!と選んでいき、最後に頭のサイズも図ってもらって、注文完了。これで55ユーロ。セミオーダーで自分のお気に入りが出来上がると考えたら、このお値段、安い!(と思う!)

お店の人に「通常1週間でできるから。できあがったら携帯にメールするよ。いつでも取りに来て。毎週土曜はここにいるし、都合が悪ければ街のどこかで渡すこともできるから。」と言われ、楽しみに待ちました。

 

そして翌週、メールが来たのでお店を再訪。期待通りのできばえに、大満足!ダブリンではオシャレにだいぶ縁遠くなっていましたが、久々にステキなものに出会えてウキウキになりました!お店の人も

「サイズ調整とか、もし何かあったら言ってね」

と言ってくれて、とても親切。うわーい、と一気にテンション上がりました(笑)。

 

その後、この帽子を被って友達に会うと必ずと言っていいほど「すごくいいね!」とみんなほめてくれまして。加えて、すれ違う知らない人にまで「ステキな帽子だね!」とほめられるほど。

えへへ♪褒められると悪い気はしませんからね(笑)。急な悪天候で強風になることも多いダブリンの街中、ハットを被っている人自体、少ないから目立つってだけの話かも、ですが。

 

ちなみにそのハット、日本に帰った今でも大事に被っています。それくらいお気に入りだし、私の中で大事な思い出の一品です。3

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆