アイルランド留学Vol.31〜見たるだけで楽しい!ダブリンのマーケットのお話し〜

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


アイルランドで

刺身に出会えるとは・・・・


外国というと、マーケットが日常的にあるイメージがあります。そしてなんとなく、マーケットで買い物するのがオシャレに思えたりします…え?私だけ?オシャレじゃなくても、新鮮な野菜や珍しい食材が並ぶ外国のマーケットは、覗くだけでもなんとなくワクワクしてきます…え?これも私だけ?(笑)

 

そんなわけで、今回はダブリンのマーケットの話を。ダブリンにも、フードマーケットが毎週土曜日、テンプルバーにあるスクエアで開催されています。新鮮な野菜、魚やお肉、チーズ、おいしそうなお惣菜からスイーツなどなど、狭いながらに様々なお店が出店していて、

 

見るだけでもとても楽しい!1

2 あぁ、本当になんでマーケットってこんなにワクワクするんでしょうね(笑)。

このマーケットで私のダントツお勧めは、生の魚介類を扱っているお店。このお店、アイルランド人のハウスメイトに教わったのですが、取り扱っている魚介類は朝獲ってきたばかりの新鮮なもの。つまり、刺身として食べても大丈夫なのです!長い外国生活、おいしい魚介類、特に生で食べられるものなんてなかなか巡りあえないのですが、まさにこのお店は求めていた存在!

初めて買いに行ったとき、お店のお兄さんに「生で食べられるマグロが買えるなんて!刺身にして食べるんだ♪」と思わず語ったら、「じゃあ、これも持ってきな!」と、生のホタテをオマケしてもらいました。日本人の友達と、ご飯を炊いて、醤油とわさびで食べた数か月ぶりのマグロとホタテの刺身として頂きました。

 

やっぱ刺身と醤油ってサイコー。

 

と、心底思ったものでした。

 

他にも、生牡蠣をその場でサーブしてくれるお店もあって、それもおいしかったなぁ。…これも日本人の友達と食べていたら、何やらテレビカメラの取材チームがいて、私たちが牡蠣をむさぼり食べている姿にカメラが向けられてましたけど。「めっちゃ撮られてるけど!めっちゃ撮られてるけど!」と日本語で言いながら牡蠣を食べる手を止めなかった私たちのあの姿、テレビに出たのかな?いまだ謎です(笑)。3

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆