出展: www.takeabreakvending.com

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

小腹が空いた時、集中力を高めたい時、または皆でワイワイする時用に。中高生の鞄には色々なお菓子が入っていますね。日本では学校によって、特に中学校は持ち込みに厳しい場合もあるようですが、ティーンとお菓子は切っても切れない関係なのではないかなと思います。

 

米国の、主に小中学校ではスナックタイムという時間が確保されている事が多いです。その呼び名の通り、持ち込んだスナック類を食べる時間なのですが、時間でいうと10分~15分。時間帯は10時台なので、「行間休み」の役割でもあります。私が通っていた中学校では、「持ち込みはヘルシーなスナックに限る」というルールがあったので、カットフルーツやスティックサラダを持っていっていました。とはいえ、いちいちチェックされるわけではないので、ポテトチップスを持ち込んでも一応セーフではありました。

 

高校になると明確なスナックタイムというものはなかったのですが、朝がとても早いので、空き時間にささっと食べられるものを持ち歩くのがベター。その時はソイジョイやクッキー、チョコレートでした。時間がある時はサンドウィッチやヨーグルト。最上級生になると、空き時間がある日はキャンパス外に出ることができたので、近所のスタバで!という日もありました。2

↑これならヘルシースナックとして持ち込みOK。3

↑当時のデジカメに残っていたチョコチップスコーンとホットチョコレート

 

その時を思い返しながら、よく自分を含め、周りの友人達の鞄に入っていたスナックを挙げていきます。中にはPLAZAやKALDIなどの輸入品を扱うお店で購入できるものもありますね。

 

  1. Tridentガム


本当に良く見ました!とりあえず鞄に入っている率高し。Iphone5sよりも少し小さめのパッケージに入ったガムで、1包が小さく沢山入っているので、食べるときは2,3包まとめて口に入れていました。フレーバーが豊富で、今でも新フレーバーが出たりしているようです。ドラッグストアやコストコでダース買いしておくとお得です。

 

2.チップス類(LAYSシリーズ、Doritos、Cheetos等)


いずれもミニパッケージが販売されているので、持ち運びに便利。学校によってはカフェテリアのランチについてくることも。構内のスナック自販機でも販売されているのでとてもメジャーでした。

 

3. バー系スナック(Nutri-Grainなど)

こちらも持ち運びが楽&ヘルシーで便利な一品。ソイジョイなども。

ここで挙げているNutri-Grainはケロッグから発売されているシリアルバーで、細かく砕いたシリアルを固めた平たいバーの中にジャムが入っています。

 

健康志向の高まりもあり、ヘルシースナックの勢いはなかなかのものではありますが、いかにも!なスナック菓子はやはり定番といった強さがありますね。

 

 

スポンサードリンク