古代の人々はいつも戦っていたわけではない!!3Dプリンターが証明した PEACE ヤリでなくホルンのマウスピースと決定!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


ツタンカーメンはトランペットと共に眠っている?


太古の時代に生きていた人々の生活を知ることは今の私たちにどんな形で影響するのでしょう。

 

そのことの片鱗が知れるニュースがありました。

 

 

『ツタンカーメンもエジプトの墓でトランペットと共に埋葬されています。』

 

と語るのは、ANUオーストラリア国立大学の考古学者ビリー・オ・フォフル氏です。

オ・フォフル氏はある発掘された人工物がこれまで鉄器時代のヤリの握りの部分だとされていたものの、じつは、青銅器時代のアイリッシュホルンのマウスピースなのではないかという推察をずっと持っていました。

 

そして古代の人々の生活の中で音楽は重要な位置を占めるのではないかと。

 

その発掘物はコニカル・スピア・ブット・オブ・ネイバン(Conical Spear Butt of Navan)という呼び方で知られてきていた1900年代に発掘された100BC~200ADの人工物でした。

 

それが戦闘の道具なのか、それとも楽器なのかという争点は歴史解釈の上で大きな違いを生むので意見のぶつかり合いは学界のなかで大震動を引き起こしていました。

 

しかしこのたびオ・フォフル氏の素晴らしいデモンストレーションによって楽器だということに決着が着きました。彼の機転のきいた証明のしかたはこれまで存在していなかったテクノロジーを使うというアイデアでした。

 

Dプリントです!

 

彼は細心の注意をはらってサイズを計測し、3Dプリントを使ってその発掘物のレプリカを再現しました。1

写真のなかで一番左が3Dプリントされた古代の発掘された人工物のレプリカで、右の2つ、一番右が現在のトランペット、真ん中がホルンのマウスピースです。

 

動物の角(ホーン)を手に取って音を出すことを行っていたことは想像されていましたが、マウスピースをわざわざ作られている形は楽器と呼ばずにいられません。2

学界での楽器であることの証明は何よりも、それを使って音を出すことができるか、でした。オ・フォフル氏はそれを自分の持っているホルンの本体に繋げ、自らそれを吹いてみました。

 

http://phys.org/news/2015-09-d-revives-bronze-age-music.html

(このウェブの中に本人による実際の演奏ビデオが入っています)

 

 

豊かな音、ベルベットのようななめらかなトーンが響き渡りました。

 

同大学のアジアーパシフィック専門のPHD学生たちが興奮気に叫びます。

「とつぜんその楽器がまた命を持ち生き始めたのを感じたわ!」

 

 

オ・フォフル氏は語ります。

「このマウスピースのついたホルンは狩りのためやノイズを立てるために作られたものじゃない!それらはとてもとても注意深く精密に作られ、メンテナンスも念入りに施されている正真正銘の楽器だ。人々は何時間も何時間もそれを弾いていた。このことは明らかに音楽が彼らの文化の中心にあって重要な意味合いをもつ役割を果たしていたということを証明する!」

 

これまでその時期には音楽は存在していなかったとする考古学の説はくつがえされました。

 

古代の人の生活は狩りと戦いの日々に明け暮れていたという認識やイメージをみなさんはもっていませんか?そんな風に小学校から習っていた人は多いでしょう。

 

いいえ、実はその頃の人々の生活の中心には音楽があったのです。

 

このマウスピースの証明は、意義を持っています。これまでの歴史解釈が間違っていることもあることを指摘したからです。

そうするとこれまで伝えられて来ている歴史の大きな流れにも影響するでしょう。

 

 そしてこのことはこれからホルン演奏者たちの人生もちょっと変えそうです。

紀元0世紀の曲のレパートリーを演奏会に使えるようになりますから!

 

 

http://www.3ders.org/articles/20150901-3d-printing-used-to-prove-bronze-age-irish-spear-butt-is-actually-musical-instrument.html

http://phys.org/news/2015-09-d-revives-bronze-age-music.html

http://www.navan-research-group.org/

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

chibi_myu

40代の夫とイギリス住で、2人でBlog書いております。 夫婦でイギリスに住んで20年近く・・・・・ 夫がイラストレーター、妻はミュージシャン。外注作業は夫のイラスト中心の予定でしたが、なぜか今のところブログ記事書き中心になっている現状です。(記事書きにだんだん惹き込まれていく〜〜笑)