引用元http://www.yelp.com/biz/eric-et-lydie-lille

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


パリでしか買えない

話題のアクセサリー!?


 

パリはおしゃれな街だから素敵な物がいっぱい、他では買えないような物が欲しいと思っている人も多いと思います。

日本でも買えるような大手ブランド品が欲しいという人も多いでしょうが、パリでしか買えない、独特のおしゃれなアイテムが欲しい人もいるのではないでしょうか。

そんな人の為にパリで話題の可愛らしいアクセサリーブランドをご紹介いたします。

このEric et Lydie(エリック・エ・リディ)はアンティークの雰囲気を持った可愛らしいアクセサリーブランドで、そのモチーフの多くは小さな花です。

また、どこかで見かけた風景などがモチーフになっている事もあり、とても親しみやすく可愛らしい、アクセサリーブランドなのです。

 

1.Eric et Lydie(エリック・エ・リディ)とは


1引用元http://petiteparis.net/collections/eric-et-lydie

 

 

2引用元http://www.yvesetcoco.com/2014/11/balade-parisienne-dans-montorgueil/

 

Eric et Lydieはその名の通り、エリックとリディという2人が一緒に始めたお店です。

2人はパリ中心地から100k離れた田舎に住み、そこで目にする自然をモチーフにアクセサリーを作っているという2人だけのハンドメイドのアクセサリーブランドなのです。

お店は彼らの故郷であるリールの街とパリの街にある2店舗のみ、自分達でお店に立つ事もあるようです。

利便性を基本に考える私達からすると少し不便に感じる生活ですが、彼らはアーティストとして田舎に住む事の大切さ、そして都会の空気を忘れない事も大事であると考えているのです。

そんな2人だからこそ作れるアクセサリーはとても魅力的で、眺めていて飽きる事がありません。

大手ブランドやパリコレなどにも作品を提供して来た人気のブランドですが、お店はパリとリールの街にそれぞれ1店舗だけという日本ではなかなか購入し難いブランドでもあります。

アクセサリーの傾向としては19世紀後半のアンティークな雰囲気を漂わせつつ優しく明るいイメージの自然物をモチーフにした物が多いようです。

小花系アクセサリーや可愛い物好きの人にぴったりのブランドです。

 

2.Eric et Lydie(エリック・エ・リディ)のお店


3引用元http://www.fleur-de-coeur.com/paris/shop/eric_et_lydie_06.html

 

パリでEric et Lydieブランドを購入するにはそのお店に行けば購入出来ます。

お店はフランス国立近代美術館からほど近く、パリの観光地の中心にあるので、観光の途中で立ち寄る事は割りと簡単だと思います。

住所は「7 Passage du Grand Cerf 75002 Paris」で電話番号は「 (33) 01 40 26 52 59」、お休みは日曜日と月曜日のようです。

開店時間はお昼の12時半から19時まで、火曜日だけ18時半までになっています。

フランス国立近代美術館からの道順はRue Rambuteau と Rue Saint-Denis 経由して徒歩で10分程となります。

地図はこちらです:https://www.google.co.jp/maps/place/%C3%89ric+et+Lydie/@48.864771,2.3490384,17z/data

素敵なお気に入りのアクセサリーを見付ける事が出来ると良いですね。

 

 

 

スポンサードリンク