Summer by Petrov Fotos

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


アメリカの夏休み


 

・6月はアメリカでは夏休みが始まる学校が多い!

 

長い所では3か月近い夏休みを設けている学校もあります。しかし、学校以外の夏のキャンプや、イベントが多いためアメリカではサマースクール(夏休み期間だけの学校)へ通わせる親が多いです。私の従妹も教会が行うサマーキャンプのプログラムに参加しています。

 

時間帯は学校と同じく、朝9時から夕方4時半ころまで通っている。夏休みに入るとディズニーランドやユニバーサルスタジオは激混み!私もベビーシッターしながら、従妹の子供を遊びに連れ出したが、本当にどこも混んでいて、とても大変でした。

子供連れのイベントでお勧めのwebサイトがあるので活用してください。http://www.laparent.com/# 人気のイベントは人数が埋まるのが早いので早目に登録した方が良いですよ★

 

 

 

・7月にはアメリカの独立記念日『インデペンデンスデー』(Independence Day)♪

私は今年Six Flags Magic Mountainでイベントに参加しましたが、最高なイベントでした!コーラが無料で飲み放題、しかも最高な花火を見ることが出来ました。自宅に帰っても深夜3時の朝方までずっと近所でも打ち上げ花火が各自宅から上がっていて、街中が煙たかった。

独立記念日が近づくにつれて、街中アメリカの国旗を自宅やストリートにデコレーションするところが多いです☆

そして、お店の駐車場などに一時的な花火屋さんが出現します。ここでは18歳以下は購入できないです。親が同伴の場合は購入できます!

またアメリカは手持ち花火が市によって禁止されているところが多いので、手に持つ花火をやりたい場合は、自分の住んでいる場所の消防署のサイトできちんと調べて購入してください。

また、独立記念日は、公園やビーチでバーベキューをする人が多い。花火が近くで見ることができるので、皆が密集してそこへ集まるので海や公園は混んでいることが多いです。この日は本当にずっと24時間単位で花火の音が鳴り止まない感じです。26

8月は比較的公休日やイベントがないのです。残念!

 

スポンサードリンク