アメリカでクリスマスが近づくとよく見る光景・・・・

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


アメリカ人に聞きたい

『車の上のあれは何!?』


米国でクリスマスが近づいてくると、しばしば見るようになる光景があります。あの車のそこの車も、車の上には生木が!

そう、米国ではクリスマス時期にはモミの木の生木が販売されるのです。大型ショッピングモールやホームセンターなどで特設コーナーが設けられ、多種多様なサイズのモミの木が揃っています。価格は小さなものでは$20~30程度で購入できます。大きなサイズでは2mを超えるものも販売されていますが、大手ホームセンターの価格だと大体$100程度から。

生木のため翌年に使いまわすことは出来ませんが、モミの木の香りや人工品では出せない幹や葉の質感がとても魅力的です。1

出展:http://ext.homedepot.com/community/blog/how-do-i-keep-my-christmas-tree-fresh/

 小さなツリーなら後部座席やトランクで持ち帰ることが出来ますが、大きなサイズになってくるとどうしても入らなくなってきます。そういう時は車の屋根部分に固定して、そのまま持ち帰ることになります。

 

それが冒頭で取り上げた光景です。大きなツリーはそれなりに人気がありますので、クリスマスが近づくと必然的にツリーを乗せた車をたくさん見るようになります。もちろん通販もありますし、店舗で購入して自宅まで配送してもらうサービスもありますよ。

 

持ち帰った後は、通常のツリーと同じように土台に固定して、綺麗に飾りつけるだけです。ちなみに最低限のお手入れのみで12月はじめからクリスマスが終わるまで持ちますが、販売されている場所によっては売り場に置かれている時間が長くなるとともに少しずつ枯れはじめてくるものもあるようなので、数が残っているうちに良いものを確保したほうが長く確実に楽しめると思われます。

 

 生木の場合、クリスマス後はどうするべきなのか疑問に思うところですが、多くの場合はバラバラにして燃えるゴミに出すか、燃料になります。家にそのまま置いておくという話はあまり聞きません。クリスマス後~年末にかけては、家前のゴミ回収箱と一緒に役目を終えたツリーが置かれている光景を目にします。勿体ないのでは、とも思えてしまいますが、それでも人工のものよりも人気があるというのはやはり生木にしか出せない良さがあるからなのでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。