文化の都モントリオール(2)〜シルク・ドゥ・ソレイユが生まれた場所〜

引用元:http://www.fashion-press.net/news/gallery/17340/297646

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

【大道芸の伝統】

ケベックシティやモントリオールでは大道芸人の姿もよく目にします。笑いの祭典「Just for laughs」にも多くのニュー・ヴォードヴィリアンが出場しますし、休日やジャズフェスティバルなどのお祭りには必ず大道芸人が集まってきます。名称未設定89引用元:http://www.thegeminiweb.com/babyboomer/?p=2594

 

 

ケベック州発の大道芸の極みともいえるのが、国際的なエンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ(太陽のサーカス)」です。ケベックシティ出身の大道芸人、ギー・ラリベルテが1984年に設立しました。

現在もモントリオールに本部とトレーニングセンターを置き、ラスベガスの高級ホテル併設の劇場やフロリダのディズニーワールド、ロサンゼルスで常設公演を行っています。また、世界中でツアー公演を行い、日本にも何度もやってきています。(東京ディズニーリゾートでは2008年から2011年に常設公演を行っていました)名称未設定90

引用元:

http://georgeclooneyslepthere.com/2012/08/10/free-cirque-du-soleil-show-one-of-many-reasons-to-visit-quebec-city/

 

 

【ヌーヴォー・シルク(新しいサーカス)】

 

ヌーヴォー・シルクは1985年にフランス政府が国立のサーカス学校を設立したことから始まりました。それによって、サーカス芸人の家族が世襲で営むのがならわしだったサーカスの世界は、一般の人でも参加できるものとなりました。現在はフランスに200以上ものサーカス学校があります。

 

ヌーヴォー・シルクに分類される団体はそれぞれ独自の工夫をこらしていますが、いずれも伝統的なサーカスの枠を破り、演劇的要素や音楽要素なども取り入れ、芸術性を追求するようになったのが特徴です。動物の曲芸よりも人体による表現を重視します。名称未設定91引用元:

http://premier.ticketek.com.au/shows/show.aspx?sh=TOTEM&utm_source=totem&utm_medium=FriendlyLink&utm_campaign=TOTEM

 

 

シルク・ドゥ・ソレイユはヌーヴォー・シルクを代表する団体となっています。驚異的な身体能力を持つパフォーマーたちが、ゴージャスな舞台装置のもと、幻想的な世界を作り出します。公演ごとに哲学的なテーマを掲げ、娯楽をこえた高度な芸術となっています。衣装も全て自社でデザイン・染色・縫製を行っています。

 

 

【新公演:トーテム】

 

2010年の初演以来、アメリカ、カナダ、イギリス、オランダ、オーストラリア、ニュージーランドを回って300万人の観客を動員した「トーテム」が、2016年2月に日本に上陸します。テーマは「不可能を可能にする人類の進化」です。東京公演終了後は大阪・名古屋・福岡・仙台にも行くとのことです。

 

公式サイト:http://totem-jp.com/  

名称未設定92引用元:http://www.gogomelbourne.com.au/events/news/5045.html

 

 

 スポンサードリンク

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」