チェコ移住生活〜スロバキアの首都、ブラチスラバへのショートトリップ⑶〜

Photo by Shiroi Kitsune

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


影の薄い首都?でも美しい

スロバキアの首都ブラチスラバ⑶


 

前回の更新スロバキアの首都、ブラチスラバへのショートトリップはこちらから

 

Staromestska通りの東側に広がる旧市街の散歩を約2時間ほどで終え、今度はその通りの西側にあるブラチスラバ城を目指す。まずお城に向かう途中にあるブラチスラバで最も古い教会である聖マルティン大聖堂へ。入場しようと思ったが、この日は結婚式が行われており、入場は叶わなかったが、入り口から覗くと、花嫁が大変きれいな姿で立っていた。プラハもそうなのだが、こういった歴史の深い教会で結婚式を挙げられるのは、ヨーロッパならではなのかな。名称未設定なんだか幸せな気持ちになりながら、Starometska通りの下をくぐる地下道を通り、反対側へ。すると、Hrad(城)という表記が見えた。1

 

 

ここからなかなかの急な坂を昇ることになる。あるガイドブックに「Staromestska通りから山へのびている坂道を道なりにのぼれば着く」と大雑把な記載がされていたが、確かにその通りで、道なりに歩いていたら、いつの間にかお城に到着していた。

 

 

 

お城へは坂や階段を昇っていくことになるが、その間にみえるドナウ川と周辺の景色が綺麗だ。そして昇りきったあとのお城の前に広がる広場からの景色は、爽快だ。

 

 

ブラチスラバ城は、その独特な風貌から「ひっくり返したテーブル」なんていう愛称で呼ばれているそうだ。実は10年前の写真を振り返ると、確かにひっくり返したテーブルに見える全景を写した写真があったのだが、今回は近づきすぎたせいか、城の四隅にある塔をすべて写すことはできなかった。。。3

 

 

今回入場はしなかったが、お城の内部は歴史博物館になっている。だた、入場せずとも、城下に広がる景色を眺めたり、庭園にあるベンチでたたずんだり、贅沢な時間を楽しむことができる。特にお勧めなのが、Restaurant Hradという高級レストラン付近にある展望ポイント。そこからの景色がきれいなのはもちろんだが、そのポイント自体も木々と芝生、そしてベンチが置かれたその雰囲気がいいのだ。紅葉の時期にもう一回来てみたいと思った。

 

 

 

そんなこんなで3回に渡って綴ってしまったブラチスラバの旅は、滞在時間約5時間。なんだか癒しをくれた街だった。

 

 

 

スポンサードリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

チェコの埼玉県民

30代前半で駐在から帰国。ばりばりの日本企業に転職するも2社渡り歩き、定着せず。そんな私が新たな場所を求めて30代半ばでチェコへ来ることに。 趣味は旅行。街を歩いて、汗をかいたら店のテラスでビールを飲んでを繰り返すのが気持ちいい。 最近のマイブームはチェコ語。あらゆる場所でひたすら挑戦し、玉砕する毎日。30代独身自由人、チェコで楽しく生きてます。