引用元https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/bf/e5/8b/bfe58b20dcfc73d1e0a6268910472ec4.jpg

 

 

スポンサードリンク

 

 

 


神々の島

インドネシア〜バリ〜


 

 

島それぞれが独特の文化を育んでいる群島国家インドネシア、その中でも神々の島と呼ばれるバリ島は観光客が押し寄せる人気の場所です。

そんなバリ島には様々な伝統工芸があり、その文化を伝える村があります。

そんな村の1つにマス村があります。

マス村は木彫の装飾品、木像などを作る職人さんが集まる村で、沢山のいきいきとした木彫の伝統工芸品を見ることが出来るのです。

 

1.マス村の木彫の伝統1

引用元http://aesta1.hubpages.com/hub/ten-must-do-in-bali

 

マス村の木彫製品は、元々は寺院や王宮を飾る為の装飾を彫る技術でした。

ラーマーヤナやマハーラバタの物語に出て来る英雄達や神々をモチーフにした彫刻など、工芸品というよりも芸術品と言って良いような見事な物が作られています。

更に今では家具などの日用品などの職人も集まっていて、木製品の見本市のような感じになっているようです。

マス村に入ると木彫工芸品を扱うお店や、雑貨店などが軒を連ねていて、中には職人さんがその場で仕事をしている工房のような場所もあります。

色々なお店を巡って、お気に入りの職人さんの作品を見つける事が出来ると素敵ですね。

 

2.マス村の場所と職人さん3

引用元http://mufufu.club/?p=91

 

マス村ってどこ?と思う人でもおそらくバリ島に行く人ならウブド村は知っているのではないでしょうか?

芸術の村と呼ばれ、バリに訪れた人なら観光に大体訪れるウブド村のごく近くにマス村はあるのです。

その為、ウブド観光の流れでそのままマス村に行くと丁度良いのではないでしょうか。

行き方としては、ウブド村から車で南下して15分程の場所で、途中に野生ザルの楽園である聖域、サクレッドモンキーフォレストサンクチュアリがあるので分かりやすいと思います。

モンキーフォレストも人気の観光地なので一緒に観光すると楽しいですね。

マス村の職人さんの多くはオープンスペースで仕事をしていたりするので、その様子を見学するだけでも行ってみる価値はあると思いますよ。

また、工房毎の木製の看板が出ているのですが、これがまた味わいがあって素敵です。

色々な楽しみ方をしながら、おみやげを物色してみてください。

 

スポンサードリンク