南フランス地方〜アルル・カンヌ・アンティーブ・ニース〜

Photo by M_as_O

 

スポンサードリンク

 

 

南フランスには、いくつかの聞いたことのある有名な都市がありますがその地方美しい観光地や保養地として知られています。代表的な都市は、アルル・カンヌ・アンティーブ・ニースなどがあります。今回は、それらの都市を紹介したいと思います。

 


 アルル・ニースの紹介


この町はローマ時代から歴史のある街で、ルーヴル美術館に行けばアルルのヴィーナスを見ることができますし、ドーデに戯曲アルルの女を聞いたり、ゴッホの絵画を見ることができます。ゴッホは、アルルを「日本のように美しい」と言った場所ですしゴッホも長期に滞在して多くの絵画を描いた地として有名です。9http://matome.naver.jp/odai/2135729339783684101/2135729884284095403

 

 

 カンヌは、高級リゾート地で人口は約7万人の人が生活しています。観光スポットはかくてきコンパクトにまとまっているため歩いて観光することが可能です。ニースからは、約30キロしか離れていないため、1日観光でニースから訪れる人も多いです。街は海岸に面しているため、そのとおりにはブティックや高級ホテルが並んでおりリゾート地の雰囲気を醸し出しています。リゾート地として注目し始められたのは、1800年の初めからです。毎年5月には世界的に有名な映画祭が開催され、世界のVIPが訪れます。カンヌの中でも、特に注目されているのは、ラ・クロワゼットで有名人・スターが宿泊するホテルなどがこのとおりにあります。またショッピングを楽しみたい方は、海側に面しているとおりでアンティーブ通りには高級ブティックがありますのでおすすめです。10http://jp.rendezvousenfrance.com/ja/discover/56738

 

 

そしてニースには、高級ホテルやカジノがあり地中海に面するロケーションということで多くの観光客が1年を通して滞在しています。ニースでの一番の見所は、地中海に面しているとおりでプロムナード・デ・サングレと通称呼ばれている通りです。この通りは、イギリス人が作った通りで、多くの観光客が訪れて特に夏の間7月8月はピークシーズンです。海岸沿いには、日本にはあまりないプライベートビーチがあり、ゆっくりとした休日を楽しみたい方にはおすすめです。スクリーンショット 2015-09-09 16.47.14

Photo by TAT_hase!

 

 スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Sato777

サッシーです。海外留学から日本に帰ってきて日本の生活になじむのも結構大変だなと認識している今日この頃です。いろいろなことに興味があって、クリエイティブな発想(奇想天外?)と行動力(フリースタイルでよく脱線)で新しいことを創造していきたいですね!よろしくです^^)