フランスの面影を色濃く残すケベック州の街⑵〜モントリオール〜

Photo by Steve Brandon

スポンサードリンク

 

 


北米のパリ

〜モントリオール〜


カナダ第2の都市です。

住民の7割がフランス語を第一言語としており、パリに継ぐフランス語都市となっています。

世界中からの移民も多く、英語その他の言葉も話せる人もたくさんいます。

古くは毛皮貿易の拠点として、のちにはカナダ各地からの陸上貨物を外航船に積み替える港町として発展しました。

 

グルメとファッションの街、石造りの建物や教会の多さ、旧市街の石畳の街並みなどから、「北米のパリ」と呼ばれています。

その一方で、1900年前後にイギリス系移民によって街が発展したためにビクトリア朝の建物も多く建設されました。

 

 

【旧市街の見どころ】

 

・ジャック・カルティエ広場名称未設定34

引用元:http://www.montreal-centre.com/mtl-6.html

 

バロック様式で19世紀に建てられたモントリオール市庁舎があります。

フランスのド・ゴール大統領がカナダを訪問した時に、バルコニーから「自由ケベック万歳!」と演説した場所として有名です。

内部もとてもゴージャスです。

 

 

・ボンスクール・マーケット名称未設定35

引用元:http://www.boldts.net/album/Montreal-Vieux2.shtml

 

19世紀半ばに建てられたネオ・クラシック様式の建物で、市庁舎や市場として使われていた時期もあります。

現在は手工芸品の店やアートギャラリーが入っています。

 

・ノートルダム・ド・ボンスクール教会名称未設定36

引用元:【トリップアドバイザー】

http://www.tripadvisor.co.uk/Guide-g155032-k220-Montreal_Quebec.html

 

17世紀に作られた教会で、天井からは航海の安全を願って船乗りたちが奉納した船の模型が下がっています。

天井、壁、内陣が美しく装飾されており、必見です。

 

 

・ノートルダム聖堂名称未設定37

引用元:

http://www.quebecvacances.com/basilique-notre-dame-vieux-montreal

 

19世紀初めのネオ・ゴシック様式の聖堂。

黄金の祭壇、バラ窓とステンドグラス、高い天井は壮麗な眺めです。

フランス系カナダ人歌手セリーヌ・ディオンの結婚式が行われた教会でもあります。

 

 

・ダルム広場名称未設定38

引用元:http://blog.goo.ne.jp/kozmic_eternia2038/m/200905

 

旧市街の中心にある、モントリオールで二番目に古い広場です。

ノートルダム聖堂に向かってフランス国旗を掲げる入植者の像が立っています。

観光馬車やバスの発着場所にもなっています。

 

 

【郊外の見どころ】

 

・聖ジョゼフ礼拝堂

名称未設定39

引用元:http://woman.excite.co.jp/blog/sanpo/sid_222844/

 

世界で2番目に大きな聖堂で、ドームの高さは97m。

カトリックの修道士アンドレが奇跡により多くの脚の不自由な人を治したため、北米3大巡礼地のひとつとなり、年間200万人が訪れます。

堂内には歩けるようになった人々が感謝して奉納した松葉杖がたくさん奉納されています。

 

・モン・ロワイヤル公園名称未設定40

引用元:https://en.wikipedia.org/wiki/Mount_Royal

 

モントリオールの語源となった標高233mの「王の山」にある公園です。

景観を守るため、モン・ロワイヤルよりも高いビルの建設は禁止されています。

展望台からモントリオールの町を一望できます。

 

【ダウンタウンの見どころ】

 

・サント・カトリーヌ通り名称未設定62

引用元:

http://histonehart.blog.163.com/blog/static/43539288200742943626464/

 

モントリオールの繁華街で、イベント時には歩行者天国になります。

冬は-30℃まで冷え込むことがあるため、この下には世界最大規模の地下街が作られています。

 

 

・プラトー・モン・ロワイヤル地区名称未設定63

引用元:

http://www.vivreetmouriramontreal.com/pvt-pourquoi-il-y-autant-de-francais-a-montreal-explique-aux-quebecois/

 

20世紀初めまで労働者が暮らしていた地区で、ビクトリア様式のテラスハウスが並ぶイギリス風の住宅街となっています。

 

 

・ラシーヌ運河名称未設定64

引用元:

http://www.phototraces.net/travel-photography/montreal-lachine-canal-golden-ride.htm

 

全長14km、大西洋からセントローレンス川に船が入る時に障害となった早瀬を避けるために19世紀に作られたものです。

 

 

【文化の都】

 

大学や多くのミュージアムがあり、国際的な映画祭、コメディ・フェスティバル、ジャズ・フェスティバルの開催地でもあります。

 

モントリオールの魅力はなかなか語りつくせませんが、今回はここまで。

また別の機会にあらためてご紹介いたします!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」