スポンサードリンク

 

 


アメリカで有名なのが

REWARDS CARD 


リワードカードと言ってよくスーパーなどでクーポンとして活用できたり、割引の対処となるメンバーシップカードのこと。

『REWARDS』のカードはレジでもらうことができ、登録も簡単。忘れた場合は携帯番号をいえば、レジで割引してくれるサービスです。とても便利で使いやすく、裏にバーコードが搭載されているので、会計の際の表示で割引が可能です。またレシートと一緒に次回使えるクーポン券などを発券してくれます。

リワードカードはポイントが溜まるシステム、または、買い物前に、スーパーのサイトからログインし、あらかじめ買い物したい商品をピックアップしてクーポンを選択し、買い物へ行き、レジにてカードを提示することで、割引が可能となったり、すごく便利です。覚えるとかなり使い勝手がよろしい!

無駄にチラシを切り取ったり、クーポンをわざわざ持っていく必要がなく、紙のリサイクルにもつながる事でアメリカでは人気があります。

CVSなどマーケットの入口にあるマシーン(機械)にバーコードをスキャンするだけで、クーポンが出てくるシステムなどもあります。28

アメリカでは図書館などもこういった鍵に取り付けられるカードを提供していて、鍵に装備できるものと別にカードと2つもらえます。大体がレジでもらうことができますので、登録してご利用ください。結構いろいろなスーパーなど限らず、IKEAやアイスクリームショップなどでも提供されています。

アイスクリーム屋さんはポイントを貯める感じで、5回に1回アイスが無料になったりしますので、すごくお得です。

日本で言うツタヤのT-ポイントシステムの様なサービスです。リワードカードは身分証と携帯電話番号で登録できるので簡単です。

もらったクーポンには必ず使用期限が搭載されているので、次回の買い物までに使ってください。使用期限などは(EXPIRE)で表記されています。

またお得なのが期限が過ぎていなければ、クーポンを一気に併用することが可能。財布がカードでパンパンに膨らむより、鍵にいつも持ち歩けてキーホルダー感覚で取り付けれる方がかなり便利だと思います。最近ではスターバックスなどもこのサービスを提供しています★

スポンサードリンク