ロサンゼルス移住生活〜LAで中華料理〜

 

 

スポンサードリンク

 

 


ロサンゼルスで中華料理店にいった事がなかったので行ってみました!


https://ja.foursquare.com/v/great-wall-restaurant/4be22b12660ec9284e04c93b

なんかすごい魚のしょうゆの味がするものが多かった。一応店内は中国人の方が溢れ、中国語が飛び交わっていました。私がオーダーしたのが『海鮮ちゃんぽん』です。中にカニやエビやイカ?タコなどが入っていて、辛いラーメンでした。18

ちゃんぽんは私のイメージで『長崎ちゃんぽんのリンガーハット』だったので、この辛いのが出てきて失敗したと思いました。そして横の中国人の友人がオーダーしたのが、『ジャージャー麺』と言って中国の家庭料理のひとつ。北京市などでよく食べられているそうです。中国語では炸醤麺(ジャージアンミエン)だそうです。

豚のひき肉に、チュンジャン(春醤)と呼ばれる黒味噌にカラメルを加えたものを使用、かなり強い黒色。辛いチャジャンミョンはあまり見かけず、殆どは甘い味付けである。なんか焼きそばに黒糖としょうゆを絡めた味で私は苦手な食べ物のランキングに入りました。中国の友人はこのソースにご飯をオーダーして、ご飯にかけて食べていましたよ。ここでは味噌感覚で使っているようです。

韓国人にも人気らしく、私が日本に住んでいた時には食べたことのないもので、食べたことのない味でした。麺がむとむちに伸びている感じが好きじゃないですね。19

また、ライスはタイ米を使用していました。ちゃんとテーブルもまわる回転式だったのでみんなで囲んで食べました。

目の前が駐車場で停めやすいのと、入りやすい入り口で、味もなかなか美味しかったです。5人でたっぷり食べて飲んで200$ほどでした★LAに住むと、世界の食事が楽しめることと、チャイナタウンやコリアタウンがすごく大きくて、またバングラディッシュタウンや、タイタウンなど充実していることが食事するにも住むにも楽しめています。余計に私が小さな沖縄で生まれ育ったからそう思うのかもしれないです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    梅子

    『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。