ロサンゼルスにリトルトーキョーやチャイナタウンがあるように、ドイツのものを中心に取り扱う「Alpine Village」。1968年から営業しています。

スポンサードリンク

敷地内の建物はヨーロッパ風に揃えられており、季節ごとにドイツの行事やイベントが行われます。マーケットではそこでしか買えない食品や雑貨などがたくさん!筆者が訪れたときは特に行事がないシーズンでしたので、マーケットのみの利用でしたが、アメリカのスーパーマーケットとはまた違った雰囲気にワクワク!他にもベーカリーやカフェも併設されており、まったりと楽しむことができます。営業時間は月~木が午前10時~午後7時、金・土・日は午前9時~午後7時。新年を除いてほぼ年中無休で営業しています。1

写真は施設内の一部。カリフォルニアにしては珍しく空が曇っているからか、余計にそれらしく見える気がします。

 

いわゆるジャーマンマーケットですが、言語はもちろん英語でOKです。店内はそこそこの広さで、雑貨類から食品類までが一通り揃います。流石ドイツに特化しているだけあってか、ビールやソーセージの種類が豊富!夕食用に家族分購入しました。その他にも普段見かけないジャムやパンも同時に購入。下の画像は左はマスタード(ソーセージ用)、右はブルーベリージャムです。写真には写っていませんが、瓶詰めのマッシュポテトもありました。 2 3

母の分をパシャリ。マーケットで購入したものにベーカリーの黒パンも加えました。写真内の食べ物全て、Alpine Marketにて購入したものです。

この量でも食べてみるとソーセージのボリュームがあり、黒パンも意外と胃に溜まるので、十分満足な食事になりました。ちなみに瓶で買ったマスタードは量があった分長く使えました。

 

たまたま行った時期がイベントのない時だったので空いていましたが、オクトーバーフェストをはじめとしたイベントの時期は多くの人で賑わうそうです。ダウンタウンからもそれほど遠くないトーランスエリアにありますので、旅行でLAを訪れた際にも立ち寄ることができますね。

スポンサードリンク