バンクーバー市内から20分で大自然満喫!郊外の見どころ!

Photo by toshio takahashi

カナダといえば、山と森、川と湖の国。

大都会バンクーバーから少し足を伸ばすだけで、大自然に触れることができます。

スポンサードリンク
 

 

★キャピラノ渓谷

名称未設定147

引用元:http://www.capbridge.com/

 

ダウンタウンから車で20分で行ける、温帯雨林の渓谷です。

巨木と巨木の間に高さ30mで作られた7本の吊り橋「ツリートップアドベンチャー」があります。

自分も自然の一部になってしまったような、不思議な気分を味わえる場所です。

 

しかし!そこに行く前には、高さ70m・長さ137mの揺れる吊り橋を渡っていかないとなりません。名称未設定148

 引用元:http://www.kidsvancouver.com/destinations/capilano-suspension-bridge#

 

もっとスリルが欲しい人には高さ91m・長さ213mの崖から突き出した遊歩道「クリフウォーク」もおすすめ!

ちらっと下を見るだけで涼しくなります。名称未設定149

引用元:http://kelly-i.com/pages09/hm_bc_capiliano.html

 

地上にも巨木の間を歩くハイキングコースがいくつもあるので、高いところは苦手な人も楽しめます。

 

 

バンクーバー郊外ではキャピラノ渓谷がイチオシですが、近いとはいえ、丸一日は欲しい場所。

そこまで時間が取れない、それほどワイルドな体験はちょっと…という人にオススメなのがこちらです。

 

 

★グラウス・マウンテン名称未設定150

引用元:https://grousemountain.com/news/dine-out-at-the-observatory-jan-16-feb-1-2015#.VcHHt_ntlHw

 

ダウンタウンから車で20分のところにある、標高1231mの山です。

10分間のロープウェイで標高1100mの展望台まで上がることができます。

バンクーバーを一望でき、特に美しい夜景を眺められるスポットとして知られています。

展望レストランを予約するとロープウェイ料金は無料になります。

 

夏の間はグリズリーを観察できるハイキングコース、冬にはスケートやスノーシュー、ナイタースキーを楽しむことができます。

 

 

ツアーではあまり時間の取れないバンクーバーですが、市内にも郊外にも、ゆっくり楽しみたい場所がたくさんあります。

治安も良く、日本からの語学留学先としても人気です。

ワーキングホリデー制度もあるので、若い人はチャレンジしてみるといいですよ!

30才までに申請すれば、32才になる前まではワーホリビザで滞在・就労ができます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」