OLバックパッカーinトルコ〜イスタンブールは客引きナンパがすごい街〜

世界の都市に住みたいかと聞かれたら、私はトルコのイスタンブールかなぁと思います。

 スポンサードリンク

トルコはご存知の通り、アジア側とヨーロッパ側に分かれています。トルコ全体でみるとヨーロッパ側というのはほんの一部なのですが、イスタンブールの町並み、建物はヨーロッパ風です。街ゆく人々のファッションも欧米風な人が多いです。

 

でも、その中にたくさんの有名なモスクがあったり、大きなバザールがあったり、ケバブ屋さんが立ち並んでいたり・・・。その活気や喧騒は中東やアジアのようでもあります。

 

トルコに旅行に行く前に、友達から「イスタンブールは1週間いても飽きない!」と言われたのですが、その通りでした。

 

見るところはたくさんあるので、気合を入れて観光をしてもいいし、ゆっくり散歩をするだけでも楽しめる感覚が好きです。

 

交通の便はいいし、日本ほど堅苦しくなくけれどいい加減すぎるわけでもなく、住むには最適かなと思います。

 

私はイスタンブール滞在中はスルタンアフメットを中心にしていましたが、ここの街並みは最高ですね。

ただ、客引きナンパはすごいです!そこらじゅうで、声をかけてくる人がいます。しかも、みんな流暢な日本語をしゃべって、「日本人の彼女がいる」って言ってくるんですよね。ほんとなのかしら?チェイを飲んでけ飲んでけって、もうお腹タプタプですよ〜。

 

とはいえ、最近は日本人観光客が減少し反対に中国や韓国からの観光客が増えているみたいで、「ニーハオ」や「アンニョンハセヨ」率も上がってきています。それはそれで、日本の影響力が少なくなってきているようで、日本人頑張れ!とか思ってしまいます。1

 そんなイスタンブールで私がおすすめする場所は「スュレイマニエジャーミー」です。外観やデザインは、有名なスルタンアフメットジャーミーに似ているのですが、モスクの内部がピンク色なのが特徴です。

単純にピンクが好きというのもありますが、場所が少しわかりづらいので人が少なく落ち着けます。スルタンアフメットジャーミーは、ものすごい観光客でゆっくり見ることはできないのですが、スュレイマニエの方は寝っ転がれるくらいゆっくりできますよ。

 

一つ残念なのは、1度目のイスタンブールは冬で、2度目のイスタンブールは春だったのに天気が悪く寒かったので、暖かいイスタンブールを経験したことがないということ。次回は夏かな?

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Mei

Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。