イギリス旅行記2〜美味しいパブランチ〜

今回のイギリス旅行で何度かパブに行くことがありました。

お酒を飲みに行くのではなく、食事。

パブと言えば色々なビールやお酒が飲めるというイメージがあると思いますが、美味しい伝統的なイギリス料理を出してくれるレストラン的なお店が多くあります。特に地方では地方の伝統的な料理もあったりするので、イギリス料理を食べたい時にはパブに行くのがオススメです。

チキン料理、ローストビーフ、ハンバーガー類、フィッシュアンドチップスにサラダにスープなど軽い食事から重い食事まで。気さくな友人を交えながら、家族での夕食にとパブは使われている感じです。チェーン店ではないので料理の腕次第で人気のパブ、地元で話題のパブが生まれます。スポンサードリンク

 

さて今回のイギリス旅行で気になったことが2つ。

夏だしダイエットしつつ渡英したからかもしれませんが、今までイギリスの外食で「量が多い」と感じた覚えは無かったのですが今回はとにかく食べるのに一苦労しました。一皿の量が多すぎ。そしてイギリス人でさえも食べ残しているんです。

どこに行ってもその光景を見るので、旅の後半にとうとう友人にその胸の内を吐露してみました。すると「確かにアメリカナイズされて、だんだん一皿が大盛りになってるかも」とのこと。そんなことがあるのか?!ちょっと驚きました。食べ残すなんてもったいない。1

これまで通りのサイズにし、もっと食べたかったら追加すればよいじゃないと私は思うのですが。そういえば外で紅茶を注文した時も普通サイズでも日本でいうMサイズカップで出されたことが多かったです。初めてイギリスに行った頃は小さいカップだったはずなのに…。

 

さてもう1つ。イギリスでは添え物にチップス(日本でいうフレンチフライ)が付くことが多く、イギリスではじゃがいもは主食です。その中でもチップスは添え物ナンバーワンで、私も滞在中何度食べたかわかりません。がしかし、今回じゃがいもチップスより色の濃いチップスが友人の料理のお皿の上に…。それなあに?と聞くと「スイートポテトのチップスだよ」とのこと。さつまいも~???何と最近イギリスではスイートポテトが人気らしく、添え物のイモの選択肢にこのスイートポテトチップス(フレンチフライです)が必ずと言っていいほどあり、みんなそれを選んでいました。2

私は元々甘いものが好きではないのでいつも従来のじゃがいもをオーダー。なのでどんな味なのかは体験出来ずじまいでしたが…。そのうちスイートポテトがポテトを上回る日がくるのでしょうか。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!