イギリス旅行のお土産に外せない紅茶!おすすめのブランド「Williamson Tea」を紹介!

Photo credit:Graham Richardson

英国旅行のおみやげとして定番であり、外せないのが紅茶です。

英国は紅茶にとことん拘る国なので、現地だけで味わえるような、日本では手に入らないような種類の紅茶も沢山あります。

スポンサードリンク
 

その中でも味わいが優しく、香り高い、日本人に合っていると思われる「Williamson Tea」を今回ご紹介致します。

 

1.紅茶の老舗ブランド「Williamson Tea(ウィリアムソン ティー)」

2

引用元http://www.trendhunter.com/trends/williamson-tea-packaging

 

「Williamson Tea」は、140年以上の歴史を誇る、イギリスの老舗高級紅茶ブランドです。

紅茶はケニア高地の自社農園で製造から販売までを一貫して自社のみで行っています。

全てを自社で行っている為、その品質が高く安定していて、間違いの無い紅茶として信頼の篤いメーカーとなっています。

「Williamson Tea」の紅茶は、えぐみがほとんどなく、香り高く飲みやすい味わいで、紅茶のえぐみが苦手な人でも美味しく味わえると評判です。

ブランドマークはシンプルなゾウのデザインで、中には大きなゾウそのもののパッケージデザインのものもあり、見た目的にはそちらの方がおみやげ向きかもしれません。

以前は日本にも輸出していたらしいのですが、現在は会社としては輸出をしていないので、輸入業者や個人輸入の人の販売ぐらいでしか購入出来なくなっています。

現地でおみやげにするにはぴったりの紅茶です。

 

2.「Williamson Tea」はどこで買えば良いでしょう?

3

引用元http://homelycreativity.blogspot.co.uk/2012/08/londons-borough-market.html

「Williamson Tea」は英国の大きめのスーパーなら大体扱っています。

おみやげが身近な場所で買えるのも魅力です。

スーパーでゾウのマークの紅茶を見掛けたなら、ここの紅茶と思って良いでしょう。

後味の渋みが苦手で、すっきりと美味しいアールグレイが飲みたいという人に対しては、ここの紅茶で淹れてみると、その違いがはっきりわかると思います。

ただ、「Williamson Tea」はティーパックでは販売していないはずなので、この紅茶をおみやげにする場合は、一緒に素敵なティーポットも一緒に買って帰ると親切ではないでしょうか。

日本人にはなかなか紅茶が定着しませんが、「Williamson Tea」は日本人に合う味わいの紅茶です。

是非、本当に美味しい紅茶を味わって、英国の思い出にしてみてください。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

mojimoji

知らない事を知る事が大好きなおばちゃんライターです。 物語を読んだり、海外の日常的な暮らしを知ったり、違う文化を体験したりする事に興味があります。 最近ハマっているのは電子書籍やスマートフォンで遊ぶねこあつめというゲームなどです。 電子書籍は無料で1巻丸々試し読みが出来る時などがあるので、今まで読んでなかったジャンルにも挑戦出来るのが楽しいと思います。 若い頃はウルティマオンラインというMMOゲームなどもやっていました。 ゲームの中で海外の人と交流出来るのは面白かったですね。