カンボジア生活Vol.8〜2015年の流行もの〜

カンボジアに来てもうすぐで2年経ちます。一年目は日本と行ったり来たりだったので、実質の居住は1年半ほどでしょうか。暮らす時間が長くなれば長くなるほど金銭感覚も現地対応してしまうのが不思議なものです。

スポンサードリンク

最近では定食屋で$5以上支払うのがもったいないと感じるようになり、以前ご紹介したような屋台食か自炊がメインです。自炊も一人では割に合わないですがうちは家族5人なので自炊の方が安上がりの場合も多々あります。ま、一部カンボジアの超ローカル食堂には絶対勝てませんけどね…

 

さて、最近気になる流行りものが。元はと言えば人気の屋台食からの派生ではありますがブラシュアップされオシャレになって巷で賑わっています。一つ目は屋台食の時にご紹介したアイスコーヒー。

img_5a16f3f33ad77b41b9e6c9feed3fca6882070

画像引用元:http://diamond.jp/articles/-/23746

最近街角に現れた屋台ではプラスチックカップの代わりにオシャレな紙袋で販売しているのです。耐水性の紙袋の中に袋入りのコーヒーが…販売店によってパッケージの柄が違います。初めはコーヒーだけでしたが最近は様々なドリンクがこの形態で販売されているご様子。ちなみに価格は通常の屋台コーヒーの2倍でした…

 

 

そしてお次がカンボジアの国民食の一つのクイティウ、細い米麺を牛や豚の出汁のスープで食べる料理です。

DSC_0465ms

画像引用元:http://www.hushigi.com/cambodia/phnompenh/DSC_0465ms.jpg

こちら屋台で買うと一人前は$1以下。出汁や味付けも様々で皆さんお気に入りの屋台や店があるご様子。最近できたカンボジア資本の飲食店ではこの麺を日本のわんこそばのようなスタイルで提供、ほんの一口というサイズを1杯$0.5ちょっと(屋台慣れしている人には高いですね)…一人平均8杯ほど食べることから8 Boat Noodleという店名で数店舗フランチャイズ経営しています。お目見えして半年たっていませんが、既にコピー店舗が出てきているほどです。本家はいつ行っても繁盛しています。

 

流行を分析するにあたりその国のメディア事情も重要になってくるかと思います。カンボジアはどこに行ってもWIFIがつながるので来た当時驚いたものです。若者のスマホ所持率も高いです。この国の平均月給ほどのスマホを皆さん持っています。流行の発信や拡散はTVよりもインターネット、というのが正直な印象です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Lary

日本生まれだけどハーフ、元々旅が好き。熊本と沖縄の生活が長く、最近子連れで海外移住。 カンボジアはプノンペンで生活中。