海外旅行の際は要チェック!なコスメブランド5選

海外旅行の際の楽しみといえば、買い物!という方も多いかと思います。コスメ好きの中では常識になりつつありますが、日本でも人気のあるメーカーの半数は海外でも販売されており、尚且つお安く購入することができます。スポンサードリンク

メーカーにもよりますが、日本での販売価格の半額以下で購入できることも。今回は米国各地のデパートやコスメ専門店Sephoraなどで購入できるものをご紹介します。名称未設定

Photo: Nicholas Eckhart from Flickr


1Photo: Stephen Carlile from Flickr

 

世界中で人気のあるネイルブランド「OPI」。ネイルラッカーの日本国内での販売価格は2000円程ですが、米国ですと$8前後で購入することが出来ます。1本2000円だと沢山のカラーを揃えるにはちょっと・・・という事もあると思いますが、$8なら気軽に揃えることが出来ますね。色数も豊富ですし、日本未上陸のシリーズもあるので要チェックです。ヘアケアでは「John Masters Organic」をご紹介。こちらも日本国内と同様のラインナップで大体半額程。シャンプー・トリートメントやヘアリコンストラクターなど、たっぷり使いたいものもお得に購入できます。

メイクアップでは「Estee Lauder」「MAC」「CHANEL」等。いずれも半額とまではいきませんが、比較的低価格での購入が可能。これらのブランドをデパートで購入するなら、まとめて買うと更にお得になることが!各ブランド一定の金額以上を購入でノベルティーが付く事があるのですが、米国ではそのノベルティが豪華です。ポーチやミニサイズのコスメはもちろんですが、場合によっては現品をそのままプレゼントであったり、フルメイクが出来るセットが付いたりも。一年を通して様々なノベルティーが用意されていますが、サマーシーズンとクリスマス時期はより豪華になる事が非常に多いです。

ここで挙げたブランドはほんの一部ですが、他にも国内価格よりもお安く購入できるブランドは多数あります。もちろんお土産としても重宝しますし、海外旅行の際は免税店だけではなく、デパートやコスメ専門店も見てみると思いもよらなかった発見があるかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。