ドイツ移住生活〜駅近徒歩1分の世界遺産ケルン大聖堂〜

photo by Hugh Llewelyn

 

ケルン大聖堂はドイツ・ケルン市にあるゴシック様式の大聖堂です。ゴシック様式の建築物としては世界最大で、世界文化遺産にも指定されています。

スポンサードリンク
 

わたしの住むボン市からは電車で30分ぐらい。地下鉄も乗り入れていて、行政区としてまとまった扱いを受けることもあります。ケルンがメイン、ボンがサブって感じです。以前、ベルリンに住んでいるときにも一度来たことがあったのですが、ボン市側から電車に乗って気づいたのは、ケルン大聖堂、ものすごく駅に近い。というか、電車に乗ってる途中で見えちゃう。ローカル電車なので地元民が多く誰も驚きませんが、時々観光客の人がいて、見つけた瞬間に「ええ!?」と、驚いてるんだかがっかりしてるんだかよく分からない悲鳴を上げます。気持ちは分かる。

 

1996年に世界遺産に登録されたものの、近隣に高層ビルなどが立ちはじめ、景観を損ねるという理由で一度危機遺産に指定されたこともあるそうです。その後、大聖堂周囲には高さの制限規制がしかれ、危機遺産指定は解除されました。近代的建築物に囲まれ、どーーーんとそびえ立つ姿はなかなか迫力があります。1

photo by xiquinhosilva

 

 

2photo by xiquinhosilva

 

聖堂内部はアーチ形の屋根やステンドグラスも美しく、見どころがいっぱいです。塔は有料ですが、533段の階段を上るとケルン市内が一望できます。どこの大聖堂の塔もそうですが、階段は狭く急なので、ヒールのある靴で行くとかなりつらいです。3

 

 

大聖堂前の広場は催し物の会場にもなります。クリスマスにはクリスマスマーケットも開かれます。赤い屋根は全部クリスマスマーケットの屋台です。いつでも人がいっぱいで、のんびりと休んでいる姿をよく見かけます。大聖堂の入場は無料。駅からも市民からも身近な、威容にくらべて親しみやすい世界遺産です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kamatsu

日本人の夫とともにドイツに移り住んで3年目です。ビールが好きで、ビールのことばかり書いていますが、ほかにもドイツのことや欧州旅行のことなどを書いていきたいと思います。