〜初めてのイギリス留学〜最悪のホームステイ先!?

最初に行ったのは、小さな町ブリストル。

 

ホームステイ先はエージェント指定の家だった為、

選ぶことなくただただイメージを膨らませて楽しみにしていました。

スポンサードリンク
 

行くまでのイメージは、

4-5人のファミリーで広いお庭があって週末はブロンズヘアー家族とお出かけして、

夕飯は一緒に過ごして、楽しく会話して。

 

・・・

 

あわよくば長男に恋をして。

 

そんな調子でしたが、そんなに人生うまくはいかないようです。

長いフライトを終えて、次にお迎えの車で2時間過ごして、やっと到着。時刻は午前3時ごろだったかな。

イギリスらしい住宅街にある二階建ての一軒家から、出てきたのは東南アジア系のお母さん。

 

ん?

 

でもイギリス生まれイギリス育ちかもしれない。

ご挨拶して中へ入ると、

 

インド料理屋さんの匂いがします。

 

慣れないとどうしても気になってしまう、におい。。

ここから今まで描いていたイメージが壊れていくのです。

 

 

ホームステイしている学生は2階、家族は1階ときっちり隔離され、

家族との触れ合いは業務連絡しかできない状況。

 

翌日の朝、お父さんと、子供2人に挨拶して、語学学校へ初登校。

 

そして初の夕飯。

 

食べ物は上の高校生ぐらいのお兄ちゃんが

私たちのいる2階へ運ぶ係のようです。

名称未設定75 

ここが学生の食事場所。

 

新たに描いたイメージの通り、その日のMENUは・・

 

 

カレー。

 

 

それも本場の。

 

 

おいしい!

 

 

翌日の夕飯、

 

 

カレー

 

 

おいしい!

 

 

翌日、

 

 

カレー!

 

 

そのまた翌日、

 

 

くるくるパスタ。

 

 

に、

カレー味のソース!

 

 

 

おいしい!

 

 

でもたまには違うものを…

 

 

 

しばらくしてイギリスの生活に慣れたところ、ある日夜遅くに帰った日。

といっても21:00頃。

 

シャワーを浴びると冷水。

真冬の冷水ほど、屈辱的なものはないです。

家主のお父さんに言いに行ったところ、

 

「タンクの水に制限があるから、冷たい水しか出ないからどうしようもないだろ」

 

挙句の果てに

 

「こんな遅い時間になって、子供たちも寝る時間だからシャワー浴びられると騒音もうるさいし困るんだよ」と。

 

へえ・・・。

 

21:00は遅いんですね。

そして、21:00にはヒーター消すからな。

そして真冬なのに朝はなし。

 

週末は家で洗濯機を借りるとなると、1回5£で高いので、少し歩いたところのコインランドリーへ。

気づくとついてくる、8歳の下の小娘。

 

度々部屋に入ってきては、散々部屋を荒らして

 

「もう行かなきゃっ、ばいばーい♪!!」

 

・・・

 

名称未設定77かわいいからいーか、と甘やかしてた、私。

 

ある日コインランドリーまでついて来たときのこと。

1£玉がなく両替しようと思い30円ほどの安いお菓子をレジに持っていくと、そのインドの小娘はお菓子を握り締めてレジへポイっ

 

て、おいおい

 

念のため、

「お金もってきたの?」

と聞くと

さも当たり前かのように

「ないよ」

 

常習犯ですね。

 

しかも私が買おうとしているものよりも高いじゃない。

 

その時思いました。

 

こういう教育なのね、と。

 

と、このようにホーステイのスタイルはいろいろとあるようです。

友達のホームステイ先は老人夫婦でとても優しく、居心地がいいところだったようです。

 

 

ここへきて3ヵ月、わたしはこの家を出て行きましたとさ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

dulcedeleche

アルゼンチンで8年間、イギリスで1年間、その他もろもろ…での海外生活経験があります。海外は日本ほど設備が整っていない環境が多く、海外で不便なことや問題が起きるごとにわくわくしてしまう私です。 外資系企業で今までの経験を生かしつつ、これからも成長したいと思っています!