パラセーリングの飛行時間と飛行高度について

引用元:http://www.veltra.com/jp/beach_resort/saipan/a/9750

パラセーリングの口コミを見ると、

 

「とても良かった!でもあっけなく終わってしまって残念」という意見が多いようです。スポンサードリンク

実際は5分くらいしか飛んでいなかったとか…

 

飛ぶ前に移動や準備に気持ちが奪われてしまっているので、

いざ自分が舞い上がってから5分では、

飛んでいる実感を味わう前に終わってしまいます。

最低でも10分は欲しいところです。

 

そこで、パラセーリングの飛行時間について、調べてみました。

 

 

まず、ツアー所要時間だけを見て判断してはいけません。

ツアー集合場所から車で同じ島内の浜に移動し、

そこですぐにパラセーリングする場合もあれば、

さらにボートで沖合いに行き、ボートのデッキから飛ぶ、

または別の島に移動して、そこのビーチから飛ぶ、

という場合もあります。

移動時間もツアー所要時間に含まれるので、

申し込む前に、

「実際に自分が飛行できるのは何分間あるの?」

と確認したほうがいいです。名称未設定6

引用元:http://plaza.rakuten.co.jp/aitantanmen/diary/200907290000/

 

また、ロープの長さによって飛行高度が変わります。

高度が高いほど飛行時間が長くなる傾向です。

 

ハワイのある会社のツアー※1では、

ビギナー・パラセール(ロープ約152m・5分)

スタンダード・パラセール(ロープ約213m・7分)

デラックス・パラセール(ロープ約260m・9分)

エクストリーム・パラセール(ロープ約304m・11分)となっています。

飛行高度はロープの長さの半分前後が目安です。

 

フィリピンのセブ島エリアのツアー※2では

スタンダードフライト(高度約70m)

デラックスフライト(高度約120m)

マグナムフライト(高度約170m)となっています。

飛行時間は約10分とのことです。

 

さらにハワイの別の会社のサイト※3では、

「飛行時間は飛行時間はだいたい5分~20分程度。これもプランにより様々です。」

とあります。

20分は、パラセーリングではかなり長いフライト時間です。

 

では、高度を高くすればいいのか?

というと、一概には言えません。

初心者向け30-100m程度の飛行高度は誰でも気軽に楽しめますが、

高度が高いものは経験者でも怖いことがあるそうです。

そこは、よく考えたほうがいいかもしれませんね。

 名称未設定7

 引用元:http://www.tripadvisor.jp/pages/BirdeyeView.html

 

 

また、パラセーリングは、風の状態に大きく左右されるアクティビティー。

安全最優先ですので、強風時などは長時間フライトができない場合もあります。

混載ツアーの場合はお得料金な分、

個人の希望に応じたアレンジができないケースも考えられます。

 

なんにせよ

ツアー申し込みの前に、具体的な内容を、つっこんで聞いてください!

イメージにぴったりのツアーを見つけてくださいね。

 

 

※1 http://takami-bridal.thebesthawaiitours.com/xtreme_parasailing_adventures

※2 http://www.veltra.com/jp/asia/philippines/cebu/a/111777

※3 http://www.hawaii-marinachapel.com/information/cruising05.html

 スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」