チェコ移住生活14 プラハ城に次ぐ人気?カルルシュタイン城へのショートトリップ

プラハの共和国広場をぶらぶらとしていると、プラハ市内と近郊の現地発着ツアーを行っているPrague Sightseeting Tours社のキオスクスタンドがあり、その脇にあるツアーリストを何気なくぼや~っとみていた。すると一つとても気になった森の中に荘厳にそびえる中世のお城。今回はそのお城に行ってみた。

スポンサードリンク
 

カルルシュタイン城は、世界史に興味がある人ならご存知かもしれないボヘミア王国の王であり、プラハのカレル橋の名前の元にもなっている神聖ローマ皇帝カレル四世が建てた城として有名だ。

カルルシュタイン城はプラハの南西に位置しており、ローカル電車で約1時間弱。まずその列車が発着するプラハ本駅へ。

カルルシュタイン駅へ向かう電車は1時間に2本でていて、チケット代は往復で103コルナ(約515円)ビールとサンドイッチを買って電車に乗り込んだ。2階建ての車両からの景色を眺めながらのビールは、格別にうまい。12

うたた寝していると、あっという間に到着。しかし到着したのは駅で、ここからお城へはまあまあな距離があり、また結構な坂道である。(私は往路は30分弱かかった。)前述のPrague Sightseeting Tours社のホームページには「歩くのに適した靴を履いてきスポンサードリンク
てください。」という注釈があったが、まさにその通り。13

 

駅からは、まずは平坦な道で10分ほど。きちんと標識があり、わかりやすい。

そしてお城がみえてくる。しかしここからはゆるい坂道が10分ほど続く。14

そして最後にはきつい坂が待っており、5分ほど。15

こうしてお城へ到着し、お城の中に入る場合はツアーに参加する。3つのツアーがあり、それぞれ英語・ドイツ語・チェコ語のツアーが組まれている。私が参加したのは、お城の塔の3階~5階からいい景色を見ようというもので、値段は150コルナ(約750円)。

ツアーが始まるとまあ階段を昇りまくるため、正直きつい。16

しかし昇ったあとはお城の窓から素敵な景色を見ることできる。ただ、展望台のような場所からではなく、細い窓からみるので、ダイナミックなものは期待できない。17

 

 

ガイドツアーは40分間で終了。ほかのツアーはお城のきれいな部分をみれるようだが、こちらは裏側を見るというような感覚。ただ、お城の歴史などは説明してくれるので、私としては満足だ。

(ちなみにお城の入り口に、写真撮影禁止のマークがあり、参加者全員撮影を控えていたが、ガイドが「ここで写真とりなよ」と逆に勧めてきて、全員撮影開始。どちらが正しいのか良くわからないので、行った方は確認の上、写真撮影をすることをお勧めする。)

プラハからの往復時間を含めて約5時間、午後だけ時間が空いたときなどにおすすめだ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

チェコの埼玉県民

30代前半で駐在から帰国。ばりばりの日本企業に転職するも2社渡り歩き、定着せず。そんな私が新たな場所を求めて30代半ばでチェコへ来ることに。 趣味は旅行。街を歩いて、汗をかいたら店のテラスでビールを飲んでを繰り返すのが気持ちいい。 最近のマイブームはチェコ語。あらゆる場所でひたすら挑戦し、玉砕する毎日。30代独身自由人、チェコで楽しく生きてます。