ロサンゼルス Old Torranceを巡るタイムトラベル 

出典元: http://livetorrance.com/

ゆっくりと悠久の時間を歩くような、そんなお散歩が出来る町Old Torrance。ロサンゼルスには本当に色々なエリアがあるんだなと思わされます。スポンサードリンク

トーランスの街の一角は、昔の建物や町並みをそのまま残したストリートになっています。

毎月第四日曜日のには、朝からアンティーク専門のフリーマーケットが開かれます。通常時はカフェやレストラン、書店、洋服屋、ドレスショップ、レコードショップ、手芸店、楽器屋、バレエや柔道のスクール、小さな病院などが営業されていますが、それらが入っている建物は全て昔のまま。

アンティークな外装と現代の内装がとても不思議な雰囲気を醸し出します。コスチュームショップや、ドールハウス専門店、モダンとアンティークを融合させたようなシガーラウンジなどもあり、日常と非日常の狭間にいるような気分にもなります。近くには1917年の開校以降、ほぼそのままの外観の「トーランス高校」も。 1

出展元:https://en.wikipedia.org/wiki/Torrance,_California

 空港からは少し離れますが、少し変わった観光地として大変おすすめです。町並みはもちろんですが、比較的小さなエリアに沢山のショップが集まっているのでお買い物にも向いています。

さて、このエリアの魅力といえば、とにかく時間が止まったような感覚を味わえることです。特に平日は通行人もまばらで、違う時代に迷い込んだような気にすらなります。ウィンドウショッピングを兼ねて歩いてみると、外装や店頭のウィンドウは昔のままということもあり、中に陳列してある商品まで異なる時代のものに見えてきたり。

 

もう一つの魅力はカフェやレストランが豊富だということです。いずれもその土地で長い間営v業しているお店が多いので、特有のゆったりとした空気も楽しめます。休日の朝は朝食とコーヒー・紅茶を楽しむ人々で賑わいます。テラス席のある店舗もあるので、晴れた日にはそこで休憩するのも素敵ですね。実はいくつか日本食料理のお店もあったりします。

観光ガイドにはあまり載っていないエリアですが、一味違うロサンゼルスを体験してみたい方、アンティークが好きな方には是非おすすめしたいです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。