OLバックパッカーinスロバキア〜スピシュ城(天空の城ラピュタに出てくるお城のモデル?)〜

チェコとスロバキアって、もともと一つの国だったのに、チェコは観光地として有名なのに、スロバキアはなんとなく地味な感じがしませんか?

 スポンサードリンク

正直、私も実際に行って見る前は、首都の名前すら知らなかったし、どういう国なのかイメージがつきませんでした。

 

でも、実はスロバキアにもとてもいいところがあるのです。

 

それは、スピシュ城というお城。お城といっても廃墟なのですが、丘の上に佇むその姿は、映画にでも出てきそうな雰囲気です。

 

スピシュ城への行き方は、結構めんどうで、私はまず首都のブラチスラヴァからバスで8時間半ほどかけて、レボチャという町に行きました。

 

8時間半もかかるなら、夜行バスがあってもよさそうなものなのですが、朝5時発のバスしかなかったので、時間がもったいない気がしますね。でも、このバスはwifiつきだったので、日中移動でも暇つぶしかできました。

 

レボチャはスピシュ城とともに世界遺産に登録されていますが、とても小さい町で見どころという見どころはなく、観光客もまばらです。中世ののどかな田舎町という印象。名称未設定

 

そこから、20分ぐらいバスに乗って、スピシュ城の麓の町に行きます。スピシュ城までは、車であればお城の近くまで行けるのですが、そこまで行くバスなどはないので、徒歩で登っていきます。なだらかなので、体力的にしんどいということはないのですが、尋常じゃない汗がでました。1時間以上歩いたと思うのですが、その間、一組の夫婦以外は見かけなかったので、ゆっくり景色を楽しんだり、写真を撮ったりできるので、徒歩がおすすめです。

 

 

 

お城までの道のりも、お城の麓の町も人は少ないのに、お城の中は観光客でいっぱいでした。みんな、車で来ているのでしょうか?それとも、わたしが気づかなかっただけで別の道もあるのかな?

 

ガイドブックには入場料5ユーロと書いてあったのですが、日曜日は無料のようです。ラッキー。

 

スピシュ城は、中欧の中で最大規模のお城なのですが、火事で焼けおちて廃墟になってしまったそうです。ここに来るまでに、いろんなお城を見てきて、普通のお城にはちょっと飽きていたので、この廃墟な感じが新鮮でした。

 

天空の城ラピュタに出てくるお城のモデルの一つとも言われているのですが、納得の廃墟館でした。

 

チェコやハンガリーなどの、中世の栄えた街をたくさん見て、また違う中世っぽさを感じたいなという時に、スロバキアはおすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mei

Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。