シンガポールの魅力的な伝統のデザイン、バティックを買おう

引用元http://www.examiner.com/article/delightful-singapore-cautions-against-heavy-smog

 

シンガポールは人気の海外旅行先ですが、おみやげを何にして良いのか迷いますよね。

マーライオンのお菓子などはシンガポールらしくて良いかもしれませんが、記念になってしかも邪魔にならないで、ずっと使える物も欲しいと思いませんか?

スポンサードリンク

そこでおすすめなのがこのバティックです。

バティックというのはシンガポールやインドネシアの伝統の染め物で、独特の図柄のろうけつ染めの事です。

文様には色々な種類があり、昔は王族だけが使う事を許されていた柄や、様々な生き物をかたどった柄など、本当に驚く程豊富に揃っています。

なんとなく和柄にも通じる所があり、エキゾチックでありながら、どこか懐かしい雰囲気を持っているのです。

 

1.シンガポールバティックの魅力

2photo credit:http://www.flickr.com/photos/41112245

 

バティックはインドネシアやマレーシアの伝統的な文化です。

その文様は国ごとに違うのですが、シンガポールバティックはこの両国の影響を受けて、非常に幅広い柄が揃っています。

更に南国的な鮮やかな染色と、時代に洗練された美しいパターンが、古くて新しいこの布地の魅力を引き立てているのです。

洋服はもちろん、スカーフやバッグなど、布を使って作るあらゆる物がバティック製品として存在します。

実際に目にする機会がありそうなバティックとしては、シンガポール空港のキャビンアテンダントの着ている制服がバティックで作られています。

このろうけつ染めの生地であるバティックにも完全手染めと、型押しとがあり、手染め品は少々お高いです。

どちらでも自分が気に入った品物を購入するのが一番でしょう。

 

2.シンガポールでバティックを買うならここがおすすめ!

4

引用元http://www.lonelyplanet.com/singapore/travel-tips-and-articles/76185?affil=CSRSS

 

実際にシンガポールでバティックを買う場合におすすめのお店が、おしゃれなショッピング街であるホーランドヴィレッジにある「HOLLAND ROAD SHOPPING CENTRE」の中にある、「WELLIE BATIK FASHION」です。

このお店はバティック製品の老舗ショップで、観光客も多く訪れます。

このお店には洋服からバティックを使った布製品、そして生地そのものまで、多くのバティック製品がぎゅうぎゅう詰めになっています。

あまりにも多すぎてお気に入りを見つけるまで大変ですが、この手の伝統工芸品は眺めているだけで楽しい物ですから、慌てず、ゆっくりと、自分の欲しい物を探してみてください。

洋服や小物も日本でも場違いに成らないファッショナブルな柄が多いので、他人に真似の出来ない素敵なファッションを、きっと纏う事が出来るはずです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

mojimoji

知らない事を知る事が大好きなおばちゃんライターです。 物語を読んだり、海外の日常的な暮らしを知ったり、違う文化を体験したりする事に興味があります。 最近ハマっているのは電子書籍やスマートフォンで遊ぶねこあつめというゲームなどです。 電子書籍は無料で1巻丸々試し読みが出来る時などがあるので、今まで読んでなかったジャンルにも挑戦出来るのが楽しいと思います。 若い頃はウルティマオンラインというMMOゲームなどもやっていました。 ゲームの中で海外の人と交流出来るのは面白かったですね。