ラスベガス&グランドキャニオンで日常を忘れる体験を・・・

Photo by d39

ラスベガスはギャンブルをする人だけの街ではありません。

アメリカではファミリーみんなで遊びに行くような、

明るく楽しく健全、クリーンな観光地です。

スポンサードリンク
 

カジノからの収益をあげるためには、

とにかくたくさんの人に少しずつでもいいから遊んでほしい、

だから誰でも安心して来られる街にしよう、

という理念があります。

アメリカで最も治安の良い街のひとつで、

ストリップと呼ばれるメインストリート沿いなら、

夜間でも明るく、女性が一人で歩けるほど安全です。

 

※メインストリートを外れた場所やダウンタウンには危険な場所もあります。

※ホールドアップされる恐れがない、という意味で「安全」と書いていますが、スリや置き引きには注意してください。

 

たくさんあるホテルはテーマパークのように、

それぞれが趣向を凝らした姿とアトラクションを競っています。

カジノなんか全く入らなくても、

メインストリートを歩いているだけで、遊園地にいる気分になります。

無料で公開しているショーもたくさんあります。

物価が安いのもラスベガスの特徴です。

 

そして、ラスベガスに行くなら外せないのが、

グランドキャニオン・ツアー。

アメリカ大陸の大自然に圧倒される、雄大な岩山と峡谷の眺めは、

一生に一度はこの目で見たい絶景のひとつです。

峡谷を歩ける日帰りツアーや、峡谷に1泊するツアーもあります。

1泊ツアーの魅力は、グランドキャニオン国立公園内での

朝日を見るポイントと夕日を見るポイントの両方をスケジュールに入れているところです。

 

グランドキャニオンと合わせてグランドサークルと呼ばれる、

モニュメントバレーやアンテロープキャニオンも含めると、

2泊3日以上となります。

さらに他の国立公園まで周遊してしまおうという、

4泊、5泊以上の欲張りツアーのプランもあります。

ラスベガスの現地ツアー会社がバラエティーに富んだツアーを出しています。

 

旅行日数の少ない人にも気軽に体験できるのは、

ラスベガスからの遊覧飛行機ツアーです。

4~5人乗りの小型飛行機やヘリコプターに乗って、

空からグランドキャニオンの主な場所を見下ろすことができます。

飛んでいる時間は1時間位。

日本語テープ案内のサービスもあります。

 

スポンサードリンク

5 件のコメント

  • Hey there! I just wanted to ask if you ever have any
    trouble with hackers? My last blog (wordpress) was hacked and I
    ended up losing a few months of hard work due to no
    backup. Do you have any solutions to prevent hackers?

  • I just like the helpful information you supply on your articles.

    I’ll bookmark your blog and take a look at again right here frequently.
    I am slightly sure I will be informed plenty of new stuff
    proper right here! Good luck for the following!

  • Unquestionably believe that which you stated.

    Your favorite justification seemed to be on the
    web the simplest thing to be aware of. I say to you, I definitely get irked while people think about worries that they plainly
    don’t know about. You managed to hit the nail upon the top
    as well as defined out the whole thing without having side-effects , people can take a signal.
    Will probably be back to get more. Thanks

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    chi-yu

    『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」