”トゥモローランド”、未来への謎解き、そして、プルスウルトラとは!?

Photo by William McIntosh 

 今年日本でも5月に公開されたディズニー映画の『トゥモローランド』。ディズニーの映画にしては大人向けのテーマ、話の展開も難解さがちらほら散りばめられていましたが、みなさんはご覧になりましたか?

スポンサードリンク

先日この映画のディレクター、ブラッドバードが衝撃的な事実を告白しました。この映画はじつはいままでのディズニー映画とはちょっと趣がちがった目的で作られたようです。観る人を知らず知らずに「プラスウルトラ」の世界観の中に導いて行き、この世界が行き着く”未来”をかいま見せるのだと言うのです。

 

プルスウルトラとはいったい何なのでしょう。

”トゥモローランド”が描く未来とはどのような意味合いを持つのでしょう。

 

プルスウルトラ、それはこの世に生まれ落ちた偉大なる4つの精神。スクリーンショット 2015-08-27 15.53.05

Photo by monchoparis

偉大な知能の持ち主、エジソン、エッフェル、ヴェルヌ、テスラが結集したことから始まった秘密結社。

それぞれの専門分野同士が掛け合わさり織りなす英知が、壮大な装置となり地球の未来を作り続けてきた裏の仕掛人、秘密の集団。

しかし秘密結社というわりにメンバーには意外とよく歴史上知られた面々が名を連ねています。創始者の一人で電気発明王、トーマスエジソン

自由の女神のデザインとエッフェル塔の建設者のグスタフエッフェル、

フリーエネルギーの草案者で最近ますます世界中の注目を集めている、エジソンの宿敵発明王ニコラテスラ

SFの開祖でSFの父と呼ばれる「海底2万里」を書いたジュールヴェルヌ、

世界の名高いアインシュタイン博士、

いわずとしれた、ディズニーランドを作ったウォルトディズニー、

そしてまだまだ高い知能を持つ人類の文明への貢献者の名前が続いて行きます。

『トゥモローランド』のディレクターのブラッドバードもその一人。

 

プルスウルトラは創設時の1889年以来、世界にむけて静かに秘やかに、未来が楽しくなるようなおもしろい仕掛けをいろいろ行ってきていました。

だれもが思わずメンバーになりたいと考えそうですが、プルスウルトラの一員になるにはとても厳しい人物査定があります。

厳しいと言ってもちょっときくと簡単に聞こえますが、でも実際はけっこう難しい条件なのです。

秘密結社というくらいですのであまり詳しくは公表されていませんが、その主なポイントをひとことで言えば、名称未設定114 

 

 

『未来を肯定的に明るくとらえることができ、創造的な視野を持ち合わせた”オプティミスト”の芸術家であること!』

 

 

 

 

 

 

 

ということらしいです。

 

『トゥモローランド』の中にはどんな未来への秘密が埋蔵されているのでしょうか。

プルスウルトラの啓示することとは、それぞれの人間が視る未来はそれぞれが日々創造していくものだということ。スクリーンショット 2015-08-27 15.58.37Photo by Marybeth

「未来」は「今」にまだ存在していない違う次元にあるもの。

「今」にいる私たちは「今」という時間枠のなかで、常に、違う次元にある「未来」を創造し続けている。

 

その日その日をどのように過ごすかで人それぞれの未来がどんなものになっていくか決まって行く…

 

あなたが出会う未来をいいものにできるかどうかのコツはポジティプなオプティミストになることが一番早道なようですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

chibi_myu

40代の夫とイギリス住で、2人でBlog書いております。 夫婦でイギリスに住んで20年近く・・・・・ 夫がイラストレーター、妻はミュージシャン。外注作業は夫のイラスト中心の予定でしたが、なぜか今のところブログ記事書き中心になっている現状です。(記事書きにだんだん惹き込まれていく〜〜笑)