「カリフォルニア・ロール」 米国の寿司といえばコレ?

Photo by Motoya Kawasaki

今や寿司(Sushi)は、アメリカでもメジャーな食事として認知されてきており、スシバーや日本食専門店だけではなく、現地のスーパーマーケットでも見かけるようになりました。寿司のエキゾチックな雰囲気を楽しむのはもちろんですが、低カロリーであることからヘルシー志向の層からの熱い支持を受けています。スポンサードリンク

そんな寿司なのですが、やはり風土柄、生魚が苦手だったり、海苔の黒さが駄目!という方が少なからずいるとか。

そういった層向けに、現地に合わせた寿司メニューが開発されているんです。代表的なものでは、題にもあります

 

 

「カリフォルニアロール」

 

 

 

です。

 

カリフォルニアロールが一般的な巻き寿司と明らかに異なる点は、海苔が内側に巻かれているということです。発祥は1960年代に遡ったロサンゼルス・リトル東京の寿司屋。現地の客向けにアボガドと蟹をマヨネーズで和え、海苔を内側に巻いて作ったそうです。何故海苔が内側に巻かれているのかというと、前述の通り現地客が黒い海苔を嫌がり、剥がして食べていたことに由来しているとか。表面に黒い面が広く出ているというのが、受け入れにくかったのでしょうか。

カリフォルニアロールは後に全米に広まり、寿司=カリフォルニアロールで通じるまでになりました。実際、現地のスーパーマーケットの寿司コーナーには、必ずと言って良いほどパックに入ったカリフォルニアロールが並んでいます。

 

 

・回転寿司は現地でも人気

 

新鮮な寿司を手頃な値段で楽しめる回転寿司は、現地でも人気。日本の大手回転寿司チェーンも主要都市に出店しています。寿司バーよりも比較的敷居が低く、寿司以外のメニューも豊富なことから、とりあえず寿司を食べてみたい!という方から日常的に寿司を食べている方まで、様々な層から注目されています。

現地でしか食べられない寿司メニューもあるので、旅行の際の食事には、あえて寿司をチョイスしてみるのも面白いかもしれません。 

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。