Photo by Motoya Kawasaki

今や寿司(Sushi)は、アメリカでもメジャーな食事として認知されてきており、スシバーや日本食専門店だけではなく、現地のスーパーマーケットでも見かけるようになりました。寿司のエキゾチックな雰囲気を楽しむのはもちろんですが、低カロリーであることからヘルシー志向の層からの熱い支持を受けています。スポンサードリンク

そんな寿司なのですが、やはり風土柄、生魚が苦手だったり、海苔の黒さが駄目!という方が少なからずいるとか。

そういった層向けに、現地に合わせた寿司メニューが開発されているんです。代表的なものでは、題にもあります

 

 

「カリフォルニアロール」

 

 

 

です。

 

カリフォルニアロールが一般的な巻き寿司と明らかに異なる点は、海苔が内側に巻かれているということです。発祥は1960年代に遡ったロサンゼルス・リトル東京の寿司屋。現地の客向けにアボガドと蟹をマヨネーズで和え、海苔を内側に巻いて作ったそうです。何故海苔が内側に巻かれているのかというと、前述の通り現地客が黒い海苔を嫌がり、剥がして食べていたことに由来しているとか。表面に黒い面が広く出ているというのが、受け入れにくかったのでしょうか。

カリフォルニアロールは後に全米に広まり、寿司=カリフォルニアロールで通じるまでになりました。実際、現地のスーパーマーケットの寿司コーナーには、必ずと言って良いほどパックに入ったカリフォルニアロールが並んでいます。

 

 

・回転寿司は現地でも人気

 

新鮮な寿司を手頃な値段で楽しめる回転寿司は、現地でも人気。日本の大手回転寿司チェーンも主要都市に出店しています。寿司バーよりも比較的敷居が低く、寿司以外のメニューも豊富なことから、とりあえず寿司を食べてみたい!という方から日常的に寿司を食べている方まで、様々な層から注目されています。

現地でしか食べられない寿司メニューもあるので、旅行の際の食事には、あえて寿司をチョイスしてみるのも面白いかもしれません。