パンダエクスプレス(PANDA EXPRESS)!米国では定番のテイクアウト中華料理屋さん

Photo by Duane Powell

「パンダエクスプレス」は、アメリカ合衆国の37州に1000店舗以上の支店を構える中華料理チェーン。パンダのイラストの看板がトレードマークです。リーズナブルな価格にたっぷりのボリューム、そして申し分のないお味で、幅広い層からの支持を受けています。

スポンサードリンク

主にショッピングモールのフードコートや空港など、比較的身近な場所にあり、気軽に食べる事ができます。

アメリカに旅行の際、定番の「アメ食」には飽きてきてしまった、毎回レストランではコストが掛かるので節約をしたい、少し冒険をしてみたい、そんな方にお勧めです。アメリカ人の舌に合わせてアレンジが加えてあるので、一般的な中華料理よりもクセがなく、ファストフードに近い感覚です。日本人の味覚にも合うと評判です。

 

・「パンダエクスプレス」の人気メニュー

 

パンダエクスプレスの人気メニューNo.1といえば「オレンジチキン」。カラッと揚げたチキンに程よい甘辛具合のソースを絡めた一品です。その食感と食欲をそそる味に、リピーターも多いそうです。6330141481_93e15ef1d9_z

Photo by Sean Carter

筆者も何度か食べていますが、本当に飽きのこない味で、何個でもいけてしまいます。その他、チャーハンや海鮮系、野菜系など、メニューはバリエーションが豊富!旅行中、つい不足しがちな野菜もたっぷり摂ることができます。注文の際は先にレジで注文し、ガラスケースの中に並ぶ沢山のメニューの中から指定して盛り付けてもらいます。

 

セットプレートでの注文がお得で、3品のセットプレートで約10ドル。非常にコストパフォーマンスが良いです。基本的にどの料理も量が多いので、シェアして食べると更にお得。お一人の場合は8ドルほどで2品のセットプレートもあります。

 

実は以前、日本にも支店がありましたが現在では撤退済みだそう。国内で味わえないのは少し残念ですが、アメリカへ旅行の際は行き先リストに加えてみては?最高のコストパフォーマンスに、満足間違いなしです。 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。