ハワイ旅行のお土産に!伝統工芸品、ラウハラ織りは生活の中で生きてきた文化です

引用元http://www.maunalani.com/jp/experience/green-hotels-hawaii

ハワイは自然との共存を続けて来た島で、多くの独自の文化、宗教観があります。

そんなハワイの伝統工芸品の一つがラウハラ織りです。

ラウハラ織りはハワイでは古くから使用されてきた生活文化で、まだハワイに王様がいた時代から使われて来ました。

 

スポンサードリンク

敷物、カゴ、帽子や装身具など、様々な物がこのラウハラ織りで作られています。

 

1.ラウハラってどういう物?

スクリーンショット 2015-08-26 15.35.54 

ラウハラの材料はハラの木の葉、ハワイでは葉の事をラウと言います。

つまりそのままハラの葉で作った物という意味となります。

このハラの葉は耐久性があり、しなやかな素材なのですが、加工にかなりの手間が掛かります。

ハワイではラウハラに使う葉は枯れて落ちた葉のみというきまりがあり、葉っぱを集める所からして大変です。

更にこの葉にはトゲがあるので、採取や加工の段階で怪我をしたりするようです。

編む前に、この葉のトゲを取り、なめして乾燥させ、更に芯を取り除いてと、かなりの時間と手間を掛けた工程を経ています。

古くは舟の帆もこのラウハラで作っていたとの事で、生活のかなりの部分を占めていた存在でした。

ほとんどは単色の素朴な風合いの物ですが、元々の色合いを活かした模様入りの物や、色を付けて織り込んだ物などもあるようでうす。

ちなみにこのハラの木は日本では小笠原諸島に自生していて、タコノキと呼ばれているようです。

 

2.ラウハラをおみやげとして買う場合にはここ!

 

ラウハラはあまり飾り気の無い工芸品ですが、独特の味わいがあり、おみやげ品としても人気があります。

でも、多くのお店で扱われているお手軽に購入出来るラウハラは、その多くがフィリピン産なのだそうです。

その為、別にフィリピン産でも安い方が良いやという場合はそれで良いのですが、やっぱり本物が欲しいという場合にはちょっと困ってしまいます。

何しろ私達ではどれが本物か見分けがつかないからです。

そこで、安心して本物を購入出来るお店をご紹介したいと思います。

それはコナのホルアロアという町にある「キムララウハラ民芸店」です。

このお店は日系人のキムラさん親子が経営しているお店で、お店の看板にも日本語バージョンがあり、お店の中でも少しなら日本語が通じる部分もあるようです。

ラウハラの専門店なので、色々な種類のラウハラ製品を見る事が出来ます。

オススメとしては帽子やブレスレット、コースターなどでしょうか。

素朴でありながらも洗練されたラウハラ織りの良さを堪能してみてください。

スポンサードリンク

5 件のコメント

  • Hi! I could have sworn I’ve been to this website before but after browsing through
    some of the post I realized it’s new to me.
    Anyhow, I’m definitely happy I found it and I’ll be bookmarking and checking back often!

  • When someone writes an post he/she keeps the
    image of a user in his/her mind that how a user can know it.
    Therefore that’s why this post is outstdanding. Thanks!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    mojimoji

    知らない事を知る事が大好きなおばちゃんライターです。 物語を読んだり、海外の日常的な暮らしを知ったり、違う文化を体験したりする事に興味があります。 最近ハマっているのは電子書籍やスマートフォンで遊ぶねこあつめというゲームなどです。 電子書籍は無料で1巻丸々試し読みが出来る時などがあるので、今まで読んでなかったジャンルにも挑戦出来るのが楽しいと思います。 若い頃はウルティマオンラインというMMOゲームなどもやっていました。 ゲームの中で海外の人と交流出来るのは面白かったですね。