アメリカの甘ーいアイスクリーム

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


大きいサイズよりも魅力は小サイズ!


アメリカと言えばBIGサイズで有名!私もお菓子やアイスクリームを買う際に大きすぎて食べきることが出来ず、捨てちゃうケースも多いので最近は無駄使いを減らし、小サイズなものから少しずつ食べていく習慣を身に着けています。

アイスクリームもスーパーなどで購入する際にバケツサイズだったり、大きなサイズが並んでいます。しかし日本のアイスクリームのように小さなサイズからも最近は販売されている個所が目に付きます。

 

10553896_977075009006426_6066017070543156010_o

↑このように小カップも販売されていました。BEN&JERRYSのアイスクリームはアメリカでは人気でユニバーサルスタジオなどに店舗が入っていたり、スーパーでも簡単に購入できます。これだと日本のコンビニで販売されているような小さなサイズになって日本人にはもっとも食べやすいサイズになっているかと思います☆

 

12525587_977074739006453_5054958075522504272_o

こちらは中サイズのアイスクリーム。スタバのアイスクリームはコーヒーのフレーバーの種類が多いです。日本では見たことがありませんがアメリカでもスーパーでは珍しい商品です。

12828997_977074722339788_208821282423545956_o冷蔵庫に保管する際も可愛くてコンパクトで一人暮らし用に最適。しかも1$位で購入できるのでお得。最近は収納や食べ過ぎを考えてこのサイズのアイスクリームがお気に入りになっています。

しかも小さいサイズのアイスクリームは中に小さなプラスティックのスプーンも入っているのでかなり便利な商品です。日本のアイスクリームはスプーンが付いているものは見かけないですが、アメリカのアイスクリームはカップの裏によくスコープスプーンが備え付けられています。

アイスクリームには基本賞味期限が無いのですが、開封して早目に食べることが推奨されていますし、こういった小さなものだと食べきりで衛生的にも良いかと思いました。

世界共通で皆が大好きなアイスクリームロサンゼルスでは冬場でも多くの人がアイスクリームを好んで食べています♫

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。