イギリス滞在記 頼って来てもらっても困るんです その2

 

 

 

 

スポンサードリンク

お世話するつもりだったけれど…お世話係??


その1の続きです。

私に会いたいというより自分の好きなミュージシャンのコンサートを見に来たかった高校を卒業したての彼女は、良くも悪くもお嬢様で、料理や家のこと、引いては時間の厳守や計画性など社会的なこともあまり身につけることなく育って来たようでした。

私は出来るだけ楽しい思い出を作ってもらおうとあちこち連れて行きたいと思っていたのですが、気がつくと本当に私がお世話係になってしまっていて彼女はただ待ちの状態で、やってもらうのが当たり前の状態になっていました。

私が長期留学や永住をしていて友人が日本からやってきて接待するという立場ならお世話もおもてなしもしますが、今回の場合は私も彼女も全く同じ海外旅行者の立場です。私は貴重な時間とアルバイトをしたお金を使ってイギリスに来ている身ですから、私の家にホームステイしているかのようにふるまわれても困るわけです。私は彼女の1~2歳上でイギリスは初めてではなかったですが、そんな微細な違いで先輩だからと頼られても彼女の生活面まで面倒を見なければいけないのか?と思うようになってきました。

18594513343_3821373109_o

Hollywell Bed and Breakfast Oxford
by Stew Dean

え?旅行へ行くのに所持金それだけ??


無事にコンサートも行き、他に行きたいところはあるかと聞いたところ、唯一答えたのはそのミュージシャンが生まれ育った地方都市に行ってみたいということでした。

ロンドンから電車で2時間ほどの観光地で私も行ったことがなかったので、じゃあB&Bを予約して1泊旅行にしようということになり、ホテルもコーチ(長距離バス)も私が予約して出発しました。

イギリスの田舎のカントリーチックな内装のかわいい宿に到着し、先にお金を払おうと彼女に代金を伝えると、なんと彼女は現金は5ポンド(当時のレートで千円ほど)しか持っていないというのです!日本でも1泊旅行するのにホテル代を抜きにしてもお小遣い千円で出かけるってことないですよね?お金を持たずにどうするつもりだったのかと、あまりの計画性の無さにびっくりしてついに私は堪忍袋の緒が切れてしまいました。

日本円で一万円は持って来たというので(どうしてイギリスのお金ではなく日本円を持っていたのかは不明)、とにかく彼女には朝一番に銀行へ行ってその日本円を両替して来いと伝え、夕食は私が立て替えて、夕方近くのレストランで食事をしただけで終わりました。

5757571441_38529a0bd3_o

Lloyds Bank Hockley
by ahisgett

翌日彼女が銀行から帰ってきたら、私はすぐにロンドンへ帰るからと彼女を残してバスに乗りロンドンへ帰り、一緒に滞在していた部屋も出て友人の家に移りました。

困った時には連絡するようにと私の滞在先の電話番号も渡しておいたのですが、その後結局彼女からは連絡はありませんでした。1週間後に大家さんから部屋の預かり金のことで電話があったので訪ねて行った時に聞いた話だと、私のすぐ後にバスで帰って来て、1週間ほど滞在したのちに日本へ帰って行ったそうでした。

8449121185_8347549a1d_o

53710 AE10JTX NATIONAL EXPRESS
by eastleighbusman

人を頼るのもほどほどに…


最終的には彼女を1人にさせてしまったので申し訳ないとは思いましたが、私も同じ旅行者で、彼女のためにお世話をしたり一緒にお金を出して旅行したりしてあげていたんです。私は彼女の家族でもないし親しい友人でもないわけですから、してもらうのが当たり前の態度でいられると私は何のために汗水流してお金を貯めてここまで来ているのかという気持ちになります。

やはり海外旅行へ行く際にはある程度自分のことは自分で出来るようになってから、または自分でするという覚悟を持ってから出発してください。現地で何が起こるかわかりません。その際に自分で解決できる能力、努力が必要となります。

状況判断、計画など最低限のことが出来るようになってから海外旅行に行って欲しいなと思った一件でした。

45017771_70bfe17b51_o

At Heathrow Airport
by maxf

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!