イギリスでパンと言えばイギリスパンなのか?

 

 

 

 

スポンサードリンク

パンでカルチャーショック!


イギリスへ行ってカルチャーショックだったことの1つがパンでした。

日本ではイギリスパンが有名で、おそらく日本人の多くの人が、イギリスでは山型で耳がパリッとして中身はふわっとした白いパンが食べられているんだろうなと思っていると思います。

ところが、実はそんなパンは存在せず、従ってそんなパンを食べているイギリス人は皆無に等しいのです!

実はイギリスでは白いパンは労働者階級の人、茶色いパン(全粒粉)は中流以上の人が食べるパンというイメージがあるそうで、店頭には色々な種類の茶色いパンが多く並んでいます。

16943895554_d6095ee4d9_o

Warbutons Wholemeal Bread 38g Carbs in 4 Slices 100g (2)
by David Holt London

薄くて固いイギリスのパン


その厚さもイギリスパンにはほど遠く、日本で言うとサンドイッチ用の食パンの薄さで、四角だったりローフ型のものを薄くスライスした形のものが多く販売されています。

そして何と言っても「固いのがお好き」。日本ではとにかく柔らかいのが好きで、ミミは固いから食べないというくらい固いところが嫌いな人が多いのですが、イギリスではあまり柔らかさは求められていなく、カリカリにトースターで焼いて、三角に切ってからトースタースタンドに並べ、各自が取ってマーガリンやジャムなどを塗って食べるような感じになっています。

2016-03-25_222524823_5F3A0_iOS

マーガリンは食べる前に塗ることになるので、食べる頃にはパンは更に固くなり、マーガリンを塗っても溶けずにパンにべっとりついたままを食べることになります。

 

種類も多様、いろんなものが入っています


最近では全粒粉の他にくるみやナッツ、ひまわりや松の実などの種が入ってますます美味しくなっています。噛めば噛むほど小麦粉の味が出て来て、どうしてこんなパンは日本でなかなか食べられないんだろうと残念に思うほど美味しいパンがスーパーでたくさん売られています。

2016-03-25_222506807_1202E_iOS

バーガーのバンズも美味しい!


フードマーケットの屋台で売られていたベジタリアン用のバーガーのバンズも、何が入っているのかわからないほどたくさん含まれていてとても美味しかったです!

こんなパンを日本でも作りたいなと今はレシピを探しているところです。

ぜひイギリスに行ったらスーパーの食パン、フードマーケットでハンバーガーを食べてみてください!

P1020235

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!