モンサンミッシェルと北フランスの美味しいものめぐり

Photo by Fumi Yamazaki

モンサンミッシェルには2つの名物があります。

1つはふわふわオムレツ。3186906971_72a89187e8_z (1)

Photo by Fumi Yamazaki

敵に攻められて篭城して食べ物が足りなくなった時、

卵をうんと泡立てて、大きな

(空気ばっかり入ってスカスカの)オムレツを作り、

みんなで食べたとか。 

スポンサードリンク



名物に旨いものなしともいいますが、

スフレみたいで悪くはなかったですよ♪

 

もう1つはラメールプーラールのバタークッキーです。8348747783_da5b45d368_z

Photo by masato indo

これは美味しい!

乳牛がたくさん飼育されているノルマンディー地方ならではの味。

バターの香りがとても良くて、

食べ応えあるのにしつこくなくて、

止まらなくなってしまいます。

 

最近、日本でも売られているのを見かけますが、だいたいは紙箱入り。

モンサンミッシェルでは、

記念に取っておきたいような、ステキなブリキ缶に入ったものが売られています。

 

ノルマンディー地方の名物は他にもあります。

カマンベールチーズ!

デザート代わりにレストランで注文できます。

フランスならどこのスーパーでも売っているので、

バゲットとカマンベールチーズを買ってサンドイッチにしておくと、

ホテルで小腹が空いた時や移動日のランチにいいです。

 

モンサンミッシェルは、

ノルマンディー地方と、その西隣のブルターニュ地方の境界に位置しています。

ブルターニュ地方の北部、英仏海峡に面したサン・マロでは

そば粉のクレープが名物です。

甘いクレープだけでなく、

ハムなどを入れたおかずクレープもあります。

 

そして、リンゴのスパークリングワイン、シードル。

ブドウのワインよりもさっぱりとして爽やか。

リンゴのブランデー、カルバドスっていうのもあります。

 

フリュイドメールは「海の花」すなわち海産物のこと。

貝や海老の盛り合わせです。

ボイルか蒸したものなので、あっさり。日本人好みの味です。

 

モンサンミッシェルはパリからの1日ツアーが出ています。

サン・マロまで行くとなると、

モンサンミッシェルかサン・マロで1泊したほうがいいです。

どちらに泊まるかは迷うところ。

モンサンミッシェルのライトアップを見るか、

円い城壁に囲まれた小さな町サン・マロを散策するか、

お好み次第です。

 

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」