【海外旅行で花見はいかが?】海外の桜の名所8選!


海外旅行で花見も悪くない!


桜の下で宴会をするお花見スタイルは日本独特ですが、海外の人々もそれぞれ桜の花を眺めて春を楽しみます。日本にも引けをとらないほど美しい桜並木がある海外のスポットをご紹介!  

 

1.上海 顧村公園 (中国)

5593958528_1aedaa77b2_o

Cherry blossom festival!!!! by Kamal Zharif Kamaludin

28品種4000本の桜が13万平方mに広がります。開花シーズンは4月上旬で、ピークには1日15万人が訪れ、入場制限が出るほどだとか。
3月下旬から4月上旬には「上海桜祭」が開催されます。(2016年は3月21日~4月10日)

夏にはハスの花、秋には紅葉も楽しめる公園で、日本語の案内板もあります。

アクセス:地下鉄7号線・顧村公園駅からすぐ

 

2.ワシントンD.C. ポトマック川 (U.S.A)

13773232274_803fb0f566_k

cherry blossoms 0011 – Washington DC – 2014-04-10 by Tim Evanson

海外の桜スポットとして最も有名なのがポトマック川周辺。日米友好のシンボルとなっています。

明治時代に東京市長からワシントンD.C.に桜が贈られたことに始まり、1935年からは全米桜祭り(National Cherry Blossom Festival)が毎年開催されるようになりました。
(2016年は3月20日から4月17日)

 

3.バンクーバー (カナダ)

5578475631_c4c543f8bf_b

20110331_BurrardStn_Akebono_Cutler_P1090156 by Vancouver Cherry Blossom Festival

バンクーバーは町のあちこちに桜が植えられており、その数は4万本にもなるそうです。この桜は1930年代に日本から贈られたものです。
桜の名所はスタンレーパークやクイーンエリザベスパークなど。バン・デューセン植物園では桜まつり&ジャパンフェアが開催されます。(2016年は4月9日・10日)

 

4.ストックホルム 王立公園 (スウェーデン)

17268266879_6e6e07f13a_k

Under a roof of Cherry Blossoms by Susanne Nilsson

スェーデン王立オペラ近くの王立公園にも日本から贈られた桜の並木があり、市民や観光客の目を楽しませています。開花時期は4月下旬から5月中旬。
ストックホルム日本人会によるさくら祭りも開催されます。(2016年は4月16日)

アクセス:地下鉄Kungstradgarden駅から徒歩1分

 

5.サンフランシスコ ジャパンタウン

8708856389_cfedcc72eb_k

Blossoming cherry tree by Filipp Solovev

毎年20万人もの人が訪れるというサンフランシスコ桜祭り。屋台が並び、日本舞踊や和太鼓などの伝統芸能、生け花や盆栽の展示やデモンストレーションが行われます。
(2016年は4月16日・17日)

 

6.阿里山 (台湾)

櫻花在臺灣嘉義阿里山_Cherry_blossom_-_Sakura_in_Alishan,_Chiayi,_TAIWAN

File:櫻花在臺灣嘉義阿里山 Cherry blossom – Sakura in Alishan, Chiayi, TAIWAN.jpg – Wikimedia Commons

台湾で一番人気の桜スポットが阿里山国家森林遊楽区。花見のために中国大陸からの宿の予約が半年前から殺到します。ソメイヨシノ、千島桜、台湾山桜、八重桜など1000株以上が植えられています。
台湾山桜は1月から開花し始め、3月まで少しづつ咲きます。3月中旬からはソメイヨシノが開花し、3月末がピーク。台湾のソメイヨシノには白とピンクがあります。

桜祭りは例年3月中旬から4月中旬にかけて行われます。

 

7.ブルックリン植物園 (U.S.A)

5676747200_959e351065_b

Sakura Matsuri, Cherry Blossom Festival @ Brooklyn Botanic Garden

日本国外で最も多くの種類の桜が植えられているのがニューヨークのブルックリン植物園。30種類以上、220本の桜を楽しむことができます。

桜祭りは見ごろに合わせて、例年4月下旬の週末2日間で開催されます。ニューヨークと近郊では桜の名所が多く桜祭りもあちこちで開催されますが、なかでもブルックリン植物園のものが最大規模となります。

 

8.ネザハト・ギョクイィト植物園 (トルコ)

6910378754_8eb8ee4461_o

flowers by Jenia M

イスタンブールのネザハト・ギョクイィト植物園には、エルトゥールル号遭難事故犠牲者を追悼するために2005年に植えられた587本の桜があり、桜祭りも開催されます。

エルトゥールル号は1890年に訪日後、帰国途中で和歌山県串本町沖で沈没し、587名の犠牲者が出ました。その際に串本町の住民が懸命の救助活動にあたったことは、トルコの対日感情に大きな影響を与えたと言われています。

事故120周年にあたる2010年から翌年にかけて、トルコ各地に日本の桜を植樹する「さくらプロジェクト」が行われ、2225本の日本の桜が植えられました。植樹されたのはイスタンブール、イズミール、アクヒサール、イズミット、アダパザル、ニルフェルです。今後、トルコ各地に桜の名所が成長することと思われます。

【関連記事(個人サイト)】
「日本らしい花」ベスト4。桜と菊以外に思い浮かびますか?
幻想的な信濃の桜風景・オオヤマザクラの水鏡~中綱湖(長野県大町市)
オオヤマザクラ、そのプリミティブな魅力(画像3枚)

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」