ケイジャン料理はこれから日本で流行る?

 こんにちは。ロサンゼルス移住ライターの梅子です

アメリカのロサンゼルスには色んな食事があります。本当に小さな島の沖縄で生まれ育った私からすると食の種類が多すぎて毎日がチャレンジでもあります。

今日は友人の紹介でケイジャンフードを食べてきたので紹介します。

とても庶民的で昔の食べ物がないころの様なちょっと言い方悪いですが、貧乏っぽい味がしました。お金がない時代に食べたような。懐かしいような食べ物です。

私の中では沖縄のおばー(祖母)が小さいころにこの似たような食べ物をよく作っていました。沖縄弁でストゥー。と言います。

※ストゥー(沖縄風 ビーフシチュー)のこと。

この缶は沖縄では知らない人はいないでしょう。

DSC04717私にはこの缶詰の味がした。こちらが↓私が注文したガンボ(gumbo)とコーンブレッドと温サラダ。サラダは酸っぱくてトマト缶で野菜を煮込んだ感じの味。ガンボ(gumbo)スープはケイジャンフードではとても有名らしく、たまねぎ、セロリ、トマト、ピーマン、鶏肉、ソーセージが入っていました。その上にタイ米を乗せて頂きました。これがオリジナルだそうです。

 

12705271_963728027007791_7208240837869307440_n

コーンブレッドはパッサパサで、ボロボロした感じの甘いマフィン。口にぼろぼろ付いて、こぼれて食べにくかった。

12705720_963728013674459_1321913583750058484_nケイジャンフードは日本では流行るのだろうか?という疑問でしたが、ダイエットする人などに向いていると思います。とてもヘルシー志向の食べ物なので意外と日本人には受けるだろうと思いました。

基本トマトっぽくて酸味w ネットで調べると、日本ではチャーハンのようなジャンバラヤが人気の様ですね。メニューにはカエルのチキン焼きやザリガニがたくさんありました。

私はとりあえず、BASICの基本から頂きました☆

今回はLAのThe Groveという場所の中のフードコートのTHE Gumbo Potというお店を紹介しました。

この店では、ガンボスープ、ジャンバラヤ、ケイジャンミートローフ、レッドビーンズ(豆)が看板商品になっています☆

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。