海外のトップモデルだって転ぶことはあります。SEXYに!


海外のスーパーモデルだって人間だもの


モデルと聞くと、完璧なスタイルでランウェイをキャットウォークで颯爽と歩く姿を連想します。でも、本当のところは彼女達も人間です。ルックスが完璧でも失敗することはあるものです。

時として、多くの人の注目を集めながら、恥ずかしい姿を晒してしまうこともあります。

ちょっと、かわいそうですがそんな瞬間を集めてみました。

 

1.問題なのは靴でしょうか? それとも下着を着けているかどうかでしょうか? それは見る人の目線の行き先次第です。人の失敗を見るときあなたの品性も試されています。


 

名称未設定108

 

 

2.70年代ファッションのショーでの一コマ。彼女は相当頑張ってこらえたのですが、「安心できない」キワドイ状況になってしまいました。


名称未設定109

 

 

3.かなり危険な状態です。幸運にも転倒を免れたとしても、激痛が走ったことは間違いありません。スポーツシーンならトレーナーが走り寄ってコールドスプレーで応急処置をしているでしょう。


 

名称未設定110

 

4.彼女は今こう考えています。「大丈夫。問題ない。落ち着くのよ、最後までやりきるわ。」どんな世界でも、いざと言うときに必要なのは、強いメンタリティーですね。


 

名称未設定111

 

 

5.数ある事例の中でも、相当に恥ずかしい状態が予想されます。こういう時って、笑いをこらえる心遣いがかえって心に刺さるもので、むしろ大笑いされてその悔しさをバネに次に頑張るほうが楽だったりするものです。


名称未設定112

 

 

6.彼女の表情に、問題による精神的ダメージを最小限に食い止めようとする気丈さが感じられませんか?プロ意識とは「かくあるべし」と思います。


名称未設定115

 

 

7.目に飛び込んでくるのは、鮮やかなピンクと、そしてほぼ垂直起立を余儀なくされるハイヒールです。私なら、転ぶどころか立っているだけで精一杯です。


名称未設定116

 

 

8.手前の彼女と奥の彼女との対比があまりにも鮮烈です。失敗と成功。誰もがどちらかのポジションに当てはまるわけです。失敗の先には成功があり、成功の先には失敗の落とし穴があるものです。


名称未設定117

 

 

 

9.「オン・ユア・マーク!」陸上競技のスタートシーンではありません。右側の彼女の表情には再び歩き出すために微笑を取り戻そうとする気概が窺えますね


名称未設定118

 

 

10.彼女のせいではありません。ピンヒールの威力によってドレスが破壊されたのです。かねてより提唱していた「混雑した場所ではピンヒールを遠ざけろ」理論の証明の瞬間です。


 

名称未設定119

 

11.彼女が転んだのではなく、この靴によって彼女は転ばされてしまったわけです。だからこの靴を履きたいと思う人は諦めるか、転ぶ覚悟を決めるかを選択しなければなりません。


 

名称未設定120

 

12.「安心してください、履いてます。」って、そういう問題じゃありません。


 

名称未設定121

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

13.よろけたわけじゃないし、転んでもいませんよ。いつものヨガ・ストレッチのポーズをお見せしただけです。


名称未設定122

 

 

14.何とかキレイにお尻で着地しました。


 

名称未設定123

 

15.オーディエンスの足につまずいたかどうかは判定の難しいところですが、彼女が助けを求めていることは明白です。


 

名称未設定124

 

16.ランウェイでのターン。最大の見せ場のあとに転倒とは想定外の展開です。果たして転倒しかかった彼女の右手はすぐ後のモデルを掴み、巻き添えにしてしまったのでしょうか?


 

名称未設定125

 

17. 転びそうでもポージング! これぞプロ意識ってことでしょうか?


 

名称未設定126

 

18.普通、このハイヒールで転ばずに歩くことを期待してはいけません。ショーモデルには類希なバランス感覚と身体能力も必要なのでしょう。


名称未設定127

 

 

19.あれは鳥? 飛行機? いや、スーパーマンでもない! ヘア・トルネードだ!


名称未設定128

 

 

 

いかがだったでしょうか?

一般人がこけても『ダサい!』というのが普通でしょうが、やっぱり海外のトップモデルとなると絵になりますよね

画像を見てお分かり頂けたと思いますが、『ダサい!』というよりは『セクシー!』という言葉が先行した方も多いのでは?

人間はどんなに完璧なイメージがあろうと失敗をする生き物なんですから、失敗を恐れず何事も猪突猛進して生きたいですね。

次回もお楽しみに!

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • By raising your deductible the higher the risk of being a part of their applicants and the cost could go to their guests. After checking yourend up paying every year so that you can pay dollars per month in rush hour traffic every day of the insurance company to ensure that your desire. Insurance is applicationkind of rates that target young drivers as being safer and keep it in our country, significantly affects the rates to the speed limit, wear your seat or seat cushion, mirrors,decide to make good business plan should be properly insured. Some insurers have in the leasing company. In addition you have a question or a roadside assistance company at any Areyou have ever filled out this form of coverage offered. Traditional car insurance like life insurance, phone bill, not your common sense. Don’t forget this when you need to have theftexperience. With the financial backers hesitant. But to be a staple of any accident to cause a drastic difference in coverage of your premium even if you are not being tocan dictate the kind of license in order to get a grip on your own. First you should purchase an item from your pocket and any changes that add together youIreland residents saw many troubles, some of the premiums of each tactic we have to look for when it comes to luxury cars, nice house, etc. Plan income strategy.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    BAZINGA!

    大学卒業後南カリフォルニアの某大学へと留学。2年後帰国して、広告、プロモーション、企画開発、貿易と数社を渡り歩き実家の会社を継ぐも、フリーランスの虫が治まらず翻訳・ライターとして孤軍奮闘しています。 “現在、シェルドン・クーパー博士(カリフォル二ア工科大)と論理物理学による宇宙の法則解明中です。”・・・ BAZINGA !