思わず笑ってします15のありえない瞬間 スポーツ編

スポーツとは、筋書きの無いドラマであり、文字通り何が起こるかわからないものです。

選手達は全てをかけて準備し、力の限りを尽くします。時として、予想もつかない結果を生みだすことがあります。

そうした真剣勝負の中にもかかわらず、思わず吹きだしてしまう瞬間を偶然にも捉えたものを集めてみました。。

 

1.カンフー映画のようだがそうではありません。この足技はまさに神業です。


名称未設定50

 

 

2.蝶のように舞い、ダンサーのように戦う?時に空中の格闘技バスケもグレースフルでインティメットなスポーツたり得ることがあるようです。


 名称未設定51

 

3.彼女は何がしたいのでしょう? 確かにボールは彼女のラケットを捕らえようとしています。結果の如何にかかわらず、エア・ケイ以上にトリッキーであることは間違いありません。


 名称未設定52

 

スポンサードリンク

4.「やっと捕まえた。もう放さない。」恋人同士ではありませんが、ある意味それに近い関係性とも言いえます。QBサックの瞬間です。


名称未設定53

 

 

5.急ブレーキの瞬間。激しいドリフトだ。ラリー競技ではなくフィギュアスケートでの出来事です。不幸にも彼女は車ではありませんでした。


名称未設定54

 

6. いまだかつて無いほどに厳しい展開のレスリングの一場面です。勝利のためには手のポジションなどかまってはいられません。バックを取って、フォールを狙うのみです。


名称未設定55

 

 

7.ただ、ジャンプして泳ぐだけだと聞いていたのに。聞いていたのと違う。そんな心のつぶやきが聞こえてきそうな鬼気迫った表情でダイブです。


 名称未設定56

 

8.これを見て、それでもバスケをやってみたいとは思いますか?ヤッキー(気持ち悪い)!遠慮させていただきます。


名称未設定57

 

9.もう隠し切れないんだ、この気持ち。愛してるよ。さあ、レッツ・ダンス。闘争心と愛の交錯する世界に見える瞬間です。


名称未設定58

 

10. 食事を抜くべきではなかった。このボールに食らいつきたい?コーチの言う「ボールに喰らい付いていけ」とはそういう意味ではありません。


名称未設定59

 

11. 何があったとしても、集中して、ベストを尽くす。チームスポーツでは仲間との連携に思わぬアクシデントが起こりえるものです。


名称未設定60 

 

12.「やってみたけど、やっぱり駄目。ごめんなさい、こうなるとは思わなかったの。」プロレスなら必殺パイル・ドラーバーでカウント3は間違いありません。


名称未設定61名称未設定62

 

 

 

スポンサードリンク

13.「オーケー、ベイビー。ダーティーなゲームを楽しもうぜ!」コンタクトスポーツにはありえる瞬間です。


名称未設定63

 

14. もう少しだ。頑張って!


名称未設定64

 

 

15.俺のボールに手を出すな。草でも食ってろ!怨恨によるラフプレーではなく、あくまでもアクシデントです。


名称未設定65

 

以上になります。いかがだってでしょうか?これはすべて思わず笑っしまう画像ばかりですが、 ぜーんぶ真剣なプレーの最中に起こったモノですので笑っちゃいけません!でも真剣だからこそ、笑っちゃうんですよね笑

  スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

BAZINGA!

大学卒業後南カリフォルニアの某大学へと留学。2年後帰国して、広告、プロモーション、企画開発、貿易と数社を渡り歩き実家の会社を継ぐも、フリーランスの虫が治まらず翻訳・ライターとして孤軍奮闘しています。 “現在、シェルドン・クーパー博士(カリフォル二ア工科大)と論理物理学による宇宙の法則解明中です。”・・・ BAZINGA !